« 『勉強』って。 | トップページ | 年明け1発目のVVV6。 »

ハロプロとタカラヅカ。

またコラボするらしいです。と言っても『共演』ではなく。

以下、TVガイドからかいつまんで抜粋。

モー娘。&美勇伝が「リボンの騎士」ミュージカル版を・・・
│  8月より新宿コマ劇場にて上演される予定。  
│  宝塚歌劇団が全面協力することになり、
│  演出家の木村真司氏が作・演出を担当する。

・・・・・・えー、と・・・・・・何て言えば良いんでしょうか・・・(-_-)

ま、とりあえず、真っ先に指摘しとかないといけませんね。
木村先生の名前は『真司』ではなく、『信司』です。はい。

木村先生の手掛けられた作品群、私は好きですね。
よくオペラを題材にして、それをアレンジしてらっしゃる。
『アイーダ』からは、「王家に捧ぐ歌」を。
『トゥーランドット』からは、「鳳凰伝」を。
『イル・トロバトーレ』からは、「炎にくちづけを」を。
そうそう、オペラではないけど「スサノオ-創国の魁-」も凄かった。
とにかく、見た目も内容もスケールの大きい作品が多い先生です。

かと思うと、佳作と呼べるコメディも多数。
お得意(?)のオペラ『ばらの騎士』から、「愛のソナタ」を。
そしてつい最近では、「Ernest in Love」がありましたね。
決してドタバタにはさせない手腕も持ってらっしゃる。

そんな木村先生、「歌劇」誌の座談会などからの印象は、
かなり厳しい・・・と見受けられまして。
厳しいってったって、怒るとかそういう部類ではないと思う。
ひたすら『追求』していく方なのではないかなー。
その信念が、時には『宝塚っぽくない』物を生み出す事も。
そこが賛否両論分かれるところ、なのかも。

そんな訳でですね、これはとんでもない組み合わせだなー、と。

劇団員を『研究科の生徒』と位置付けていながら、
彼女たちの演じる作品はプロの舞台人としての完成度を誇る宝塚。

プロのアイドルとして完璧なステージを求められながらも、
決して初々しさ(=アマチュアリズム)を無くさないモー娘。や美勇伝。

これは・・・何つーか・・・見たい、かも(怖いもの見たさ!?)

あ、ついでに(おいっ)更新のお知らせ。

本館《STAGE ROOM》T-Stageに1件。
雪組全国ツアー「銀の狼/ワンダーランド」感想をアップ。

今更・・・な更新でゴメン。

|

« 『勉強』って。 | トップページ | 年明け1発目のVVV6。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104646/8118973

この記事へのトラックバック一覧です: ハロプロとタカラヅカ。:

« 『勉強』って。 | トップページ | 年明け1発目のVVV6。 »