« 開幕したんだねぇ。 | トップページ | 遅ーいっ! »

「大坂弁」は落ち着くなぁ。

本日はタカラヅカ。
バウホールで上演中の「大坂侍」を観てまいりました!
何と、『は』列(@_@)
バウの座席は『い→ろ→は~』なので、前から3列目ですよっ。
・・・あ、実質は4列目か。
『い』列の前に補助席のパイプ椅子が並んでるから(^^;)
でも、すんごい近くて感動☆でしたわ~。
オペラグラスの必要が無いって、こんなに幸せなんだねぇ。
日本物だから、お着物とかとってもキレイでしたわ。
はぁ~、眼福(*^_^*)

舞台は、タイトルからもわかるように「大坂」のお話。
時は幕末・大政奉還の頃。
大坂で河川管理の仕事をしてる武士の、徳川幕臣としての心意気を貫くか?
それとも、何でもゼニで解決しちゃう大坂商人の懐に入るか?
そぉんな感じですかね。
これを石田先生が演出ですよ。
そりゃもう、笑いたっぷり、アドリブ満載・・・時代考証関係なし!?
ボケのためならメイクも崩してます(^^;)
いやはやなんとも、凄かったなー(笑)
あ、けど、全然笑いを出さないキャラクターも存在してますよ。

まだ東京公演があるからネタバレしたくないのね。
だから、今は書かないでおきます。

とにかく、全編に溢れるナニワ言葉の気持ちよさ!これに尽きるねー。
主演のきりやんが関西人ですから、台詞としての大坂弁も実に流暢。
本気で、心のまま喋ってる感じがして、良かったんだよなー。
もちろん、他の方たちもGood。
専科のマヤさん・チャルさんなんて、登場からすでに笑いが客席から・・・
いや、ほんっとに、雰囲気だけでも面白くってね。
安定感あるし、良かったなー。

相手役のねねちゃん、おきゃんなトコが目一杯出てて、
(↑おきゃん、って・・・死語!?)
なかなかの好演でした。

もりえちゃんのおっとり感、
まさおクンのフットワークの軽さ、
マギーの堂々とした態度、みーんな良かったし、ねー。
上級生では絵理さんのシブさや、
マチオさんの真面目なのに何故か笑える演技、
あーちゃんの色っぽさなど、
みーんなみんな良かった!
そんでもって、すんごく楽しませて頂きました。

そうそう、今日はでーっかいハプニングがありましてなぁ。
ちょっとねぇ、“楽屋日誌”級のハプニングが。
これ・・・書いちゃいけないかも(^^;)
ヒント、武士の刀が変な風に入ったまんま、主役さんへ渡されてしまいました、
くらいにしとこう(^^ゞ

******************************

昨夜、channel-aのVさんロケ後編を見たんですが・・・
あー、いや、録画でいいや、とか思っていて、
でも何故か上手い具合に放送開始の4時くらいに目が覚めて、
ぼぇ~っとした頭で見た、って感じなんですが(^^ゞ

あのー、あれ、何か・・・
違和感があるんですけど・・・

ボウリング、坂本さん投げてないよね?
そんで、ずっと見てたら、
どうも左足に重心をかけないように立ってるっぽい。
ありゃ?あのロケの後はHEY×3だったんだよね?
あれれ、番組でそんな素振り見せてなかった気がするけど・・・
まぁ、もう過去日ですからね、大丈夫だったんでしょうね。
っつうか、もう平気なんだよね?

やだなぁ、こんなトコに気付くなんてぇ。
気になってしょうがないじゃんっ。

+++++++++++++++++
 コメントありがとうございましたm(__)m
+++++++++++++++++

>花音さま。
頂いたコメントの後にお返事させて頂きました。

|

« 開幕したんだねぇ。 | トップページ | 遅ーいっ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 開幕したんだねぇ。 | トップページ | 遅ーいっ! »