« 表示が・・・。 | トップページ | 大変です。 »

時空を超えて。

昨日観た「あさきゆめみし2」の感想♪

おささんの歌の上手さには脱帽ですな。
感動しまくりでしたよ、ホント。
それと、《藤壷の女御》を失くした時の悲嘆とか、《柏木》に対する怒りとか、
そこでの叫び声が劇場いっぱいに響き渡ってて凄かった。
迫力ってのを通り越して、鳥肌立ちましたよ。
特に、「地獄へ落ちろっ!」って怒鳴った時はマジ怖かった~。
それ以外のシーンでは、割と無常観って言うか、諦観って言うか、
恋を追い続けてる、って風には演じてなかった気がします。

彩音ちゃん、1幕は《藤壺の女御》をしっとりと、2幕は《紫の上》を可愛く。
ちゃんと演じ分けていたので良かったですよ。
あと、《紫の上》が最期に踊った陵王の舞。
あれはどちらかと言うと男舞ですけど、力強くきっちりと舞っていて、
なかなかカッコ良かったです。
あれは前にみどりちゃんが大劇場で舞った時にも思ったんだけど、
娘役さんの男舞ってのも、いいんだよねー。
彩音ちゃんに話を戻すと、彼女、歌上手くなってるよ。
不安定さが確実に無くなってる。イコール、安心して聴いてられる。
《明石の上》絵莉千晶さんとのハモりが美しく響いてました。

今回ポジション上がってたのが、オリジナルキャラ《刻の霊》。
これをまとぶんが演じてたのですが・・・
ヤバイ、私、惚れちゃったかも!?ってくらい、カッコよかった!
っつか、まとぶんってこんなに歌上手かったっけ??と思った(失礼)
何かねぇ、花組さんの歌のレベルがめちゃめちゃ上がっててねぇ、
やっぱトップさんが凄いと全体が上がっていくんだねー、って思いますね。
《刻の霊》は物語を進めていく役目で、ナレーションも兼ねてる感じ。
だから、見方によってはメインと捉えることもできます。
その意味では、気が早いですけど充分真ん中でイケるんじゃないかと・・・。
や、わかりませんけどねっ。

《頭の中将》壮ちゃんも、シュッとして凛々しい貴族ぶり。
しかし、ラストで見せた寂しさは、忘れてたことを思い出させてくれましたよ。
そういやこの《頭の中将》って、親友に嫁がせた妹には死なれ、
地位は完全に届かないとこまで行かれて、挙句、息子に先立たれる・・・
この人こそむなしさいっぱいだよなー。

なんて感じでした。

ストーリーの感想としては・・・古典ですから変えようがなくてね。
“光源氏はプレイボーイ”と言ってしまえばそれまでですが(爆)
最初の恋が強烈過ぎて本当の愛に気付けなかった、
そんな描き方をしていたように思います。
《紫の上》が死んでからようやく気付いたなんてさぁ、遅すぎるって(^^;)
ま、あの時代はそんなだったんでしょうけどねー。

ところがですね、この舞台、ちと変わってまして。
なんとまぁ、幕開け宇宙空間なんですよ。
星がいっぱい散りばめられて、遠くに土星っぽいものが浮いてて。
そんで、《刻の霊》が星空から出てくんの。
・・・いや、上の方から階段が降りてきて、そっから出てくんの(^^)

《刻の霊》、時間を統べる者。
彼が《光源氏》の一生を紹介するような形で話が展開していく。
一つの命の終わりには、「この者の時間が終わった」と告げる。
そして、「死は自分で決めるものではなく、時間が決めるもの」と。
平安時代だろうと、現代だろうと、それって同じなんだよね。

ラストで《光源氏》は、《刻の霊》が登場してきた宇宙空間へ還ります。
この演出が、「源氏物語」を単なる古典の絵巻物としてではなく、
現代に通じる普遍的な愛憎と生死を感じさせてくれた気がしますよ。
1本モノとして作られていたのも、良かったなー。

で、フィナーレ付いてたんですが。

最初、《刻の霊》まとぶんが出てきた時はね、
物語部分でもパンツスーツっぽいスタイルだったんで、それの延長かと。
つまり、洋装でしたのよ。
そしたら、次のもその次のも洋モノですか!?WHY?
・・・でも、よーくよく見ていると、男役も娘役もみんな黒髪。
額には日の丸!?と思いオペラグラスで見たら、
キラキラのレッドストーンが白地にくっ付いてた(^^;)
あとは、ドレス姿の娘役さん達が薄衣を羽織ってたり、
男役さん達の髪型が全員シャギーの入ったセミロングだったり。
これもある意味、実に和風でフェミニンな雰囲気でした。
こういう『日本』の表現もあるんだなぁ。面白かった(●^o^●)

|

« 表示が・・・。 | トップページ | 大変です。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 表示が・・・。 | トップページ | 大変です。 »