« バランスが悪くて。 | トップページ | 今年の後半は忙しくなるぞ。 »

とうとうトート(笑)

・・・今日のブログタイトル、結構かぶってたりして(笑)
えー、あさこちゃんのコメントから拝借いたしました。

月組「エリザベート」観劇。

いやー、やっぱりいいですねぇ。
初演から数えたら7回目となるこの作品。
1公演で2回観たこともあるし、家でビデオも観るし、
そう考えると歌詞を全部覚えてしまってても当然だな。
もう、頭の中で歌いながら観ちゃってました。
となると、何だか評論家みたく、各キャラを見てしまう・・・。
悲しい性ですなぁ(^^ゞ

あさこちゃんの《トート閣下》は。
今までで一番、実体がある感じがしました。
変な言い方ですけど、“生きてる”っていうか。
髪に入った赤の色が何だか乾いた血の色のようで、
編み込みもあったりして、何か人間っぽく映ったんですよね。
冷たい表情が少しだけふっと緩む瞬間が、それっぽい。
まぁ、だからと言って妖しさが薄れた訳ではありませんが。
あ、あと、バランス取れてますよね。歌・芝居・ダンスの。
って、これはプログラムに書いてあったから意識したんだけどね。

で、《エリザベート》役の、カチャ(凪七瑠海)。
合格!いや、よくやってますよ彼女。
いきなりポンッと入れられて、どうなの?と心配してましたが、
実に普通に、と言うか、レベルの差などまったく感じず。
「私だけに」歌うの聴いてたら、何か泣きそうになったよ。
宙に戻った時が楽しみだなー。この経験を生かして下さいな。

《ルキーニ》のまさおクンも、いい感じに“狂って”て良し。
目の据わった怪しい表情で舞台上に存在し、
皇后暗殺後の激しい乱れ方も迫力の演技。
惜しかったのはアドリブがなかったことかな。
2幕、あっという間に歌に行っちゃって、あれ?と思ったので。

役替わり《ルドルフ》、今日はみりおクン。
他の2人(あひサン、もりえちゃん)は観ないのです、残念ですが。
みりおの《ルドルフ》は、若いな~、って思いました。
若いから理想に突っ走っちゃったんだなー、って感じ?

うわー、長くなってきたなー。
すいません、あとは気になったキャストへ、一言ずつ。

《フランツ》きりやん。誠実そうな皇帝でした。
《ゾフィー》あいちゃん。見事に“化け”てました。
《ヴィンディッシュ嬢》夏月都さん。見入ってしまうほどの狂いっぷり。
《ルドルフ少年》しずくちゃん。可愛かったな。
《裁判官の声》《ヒューブナー》彩央寿音さん。ずっと見てますよ~。

・・・最後のは感想じゃなかった(^^ゞ

******************************

さて。
今日は某新聞社の貸切公演で、終演後のインタビュー付き。
司会が遥洋子さんだったので、終始楽しく行われました。

で、今日のブログタイトルにしちゃったお言葉ですが。
遥さんが「トート役に決まった時はどんなお気持ちでしたか?」
と聞いて、こう答えたあさこちゃん。

「とうとうトートか、と・・・」

大爆笑の会場。しかし当の本人は「寒っ」というリアクション(笑)
他にも、ヘアスタイルについて聞かれると、

「先生から今回は赤で行くと聞いて、え?私、獅子舞!?と思った」

なんて返す場面もあったり。
また、

「あんな少女の頃に一目惚れって、ねぇ・・・」

などと、言っておいて言葉を濁すあさこちゃんでしたが、
遥さんから「少女からおばあちゃんまで行きますけど、それでも好き?」
と聞かれると、

「トートには彼女の外見は見えてなくて、魂を愛しているんです」

と返し、遥さんをメロメロ(死語)にしておりました(^_^)
や、私も惚れ直したぞ。

******************************

ってことで。
実は来週、「情熱大陸」っていう番組であさこちゃん特集やります。
さっき次週予告見ました。めっちゃ楽しみです♪

|

« バランスが悪くて。 | トップページ | 今年の後半は忙しくなるぞ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バランスが悪くて。 | トップページ | 今年の後半は忙しくなるぞ。 »