« もう一回。 | トップページ | 赤。 »

最後の最後で。

今頃、な話題で申し訳ないm(_ _)m
宙組千秋楽ライブ中継、タニくん&うめちゃんのサヨナラです。
・・・ホントに、今更ですね(^^ゞ
今更なので、ネタバレでも何でもない(苦笑)
ってことで、普通に載せとこう。

ライブ中継、in 西宮。

前半、お芝居の時に中継がブツッブツッとノイズ混じりで、
後半が少々心配になりましたが、何とか無事に中継成功。

改めて「薔薇に降る雨」を観ましたが、
シリアスなのとコミカルなのが変な順番でやってくるのが、
やはりどうも不自然というか・・・んで、今でも耳に残ってるのが、
『め~でたい!の~みたい!』だったりする(苦笑)
大劇場で観た時は、タニの役柄に文句を付けてましたが、
今度はみっちゃんのキャラクターに違和感(^^ゞ
いや、もう終わったんだからいいけどね。
ただ、2回観て見方が変わったのが、うめちゃんの役どころ。
流されてる風に見えてたんだけど、案外強いなって思えたのね。
色々あったけど、不幸を背負ってる感じではないのが、いい。
うめちゃんの口調や声のトーンが心地いいなって、
最後の最後で思えちゃったんですよね・・・遅いですね。

ショー「Amourそれは」(←綴りがあやしいかも)は、
ラテンの場面が一番好きでした!あの腰つきがね~。
あ、あと、「She」の場面もね。あそこのらんとむ君はステキすぎる。

と、時間は過ぎていって。
とうとう、サヨナラショーが始まってしまいました。
聞き覚えのある曲に心の中で一緒に歌い、
初めて聴く曲も「もしかしてアレかな?」と思いつつ、
しっかり画面に見入って・・・。
タニくんの歌に驚いたというか、感動した!
初めて・・・ごめんね、初めて「上手い!」と思いました。
それくらい、気迫のこもった歌唱だった。
この人は最後の最後で“宝塚の男役”を完成させたな、と思ったよ。
思えば、私が唯一観た新人公演が「EL DORADO」。
タニの初主役を観て、サヨナラショーを観て、
“大和悠河という作品の完成”をここに感じました。

うめちゃんも、最後にして歌唱力が安定したなー、と。
「雨に唄えば」の1シーンが観られたのが嬉しかったです。
星組版は観てなくて、宙組版はアリスちゃんが代役だったから、
うめちゃんの《キャシー》をここで観ることができたからね。

えりこちゃん(七帆ひかる)の曲が泣けましたねぇ。
後で彼女のバウ主演作だったと知りましたが、
舞台への情熱を最後の最後に歌でぶつけるというのが、いい。

そして、退団のご挨拶からラストの「タカラヅカ・フォーエバー」。
それから何度も何度も幕が上がり、タニもその度に挨拶をして、
何度も何度も・・・何度も投げKiss☆
ま、しまいには「話すことがなくなってきました」とか、
「皆さん、気をつけてお帰りください!」とか言ってましたが(笑)
愛し愛されたトップスターのラストを惜しんで止まない、
ファンの熱気がライブ中継からも伝わってきて、ジーンとしました。

・・・ってな訳で、ま、もう次の宙組公演に向けて準備をしてますが、
これで区切りをつけられたかな・・・。
タニ、うめちゃんを始めその他卒業していかれた皆さん。
今頃何をしてますか?ゆっくりしてますかね?
次の人生を幸せに過ごして行けますように、祈っています。
そして・・・もしも、どこかで名前を見つけることができたら、
その姿を見に行くことができたら、応援しますね!

|

« もう一回。 | トップページ | 赤。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« もう一回。 | トップページ | 赤。 »