« 会議~。 | トップページ | りんご? »

訳詞検討のお仕事って?

『Pal Joey』について調べようと色んなサイトをフラフラしていたら、
たどり着いたある人のブログにこんな単語が。

“訳詞検討”

・・・何だろ?と思い、読み進めていったんですが、
音楽監督とか演出家とかスタッフの皆さんが集まって、
歌詞の日本語訳が上手く曲にハマるように、話し合うらしいんです。
で、そのブログを書かれた方は声楽関係者のようでして、
どうやら、その訳されたものを試しに歌う担当の方らしく、
9時間もスタジオに籠って、全曲歌ったんだとか。

へぇ~、そういう仕事があるんだ~。考えたことなかったなぁ~。
舞台制作の取っ掛かりっていうか、土台部分ですよね、それって。
考えてみれば、それより前の段階から多くの人が動いている訳で、
例えばキャスティングに、役者のスケジューリングだってあるし、
そのもっともっと前、劇場を押さえるのもあるよね。
いや、それよりずーっと前に、翻訳モノなら上演権もだよね。
ひゃ~・・・想像以上に多くの人が関わってるみたいだなぁ~。
そうやって舞台が出来上がっていくんだってことに気付かされると、
ますます舞台に対する“愛”が増してきますね♪

その方いわく、素晴らしい曲ばかりだそうですよ!
楽しみだなぁ~(*^_^*)

・・・ちなみにその方。
舞台にはご出演されないとのことですが(出ないんだ!w(゚0゚)w)
“坂本さんは地元の先輩なので、絶対に観に行きます”
と書かれておりました・・・亀戸出身でしょうかね?(^^)

|

« 会議~。 | トップページ | りんご? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 会議~。 | トップページ | りんご? »