« やっぱり・・・(+o+) | トップページ | 雑文ですが・・・(←PJ感想・その2。) »

忘れないうちに。(←PJ感想・その1。)

ぅぇ~ぃ・・・風邪ぎみだぁ~。
でも、しんどくはない。鼻とノドがイガイガしてるだけ。
ま、その状態を風邪ぎみっていうんだろうけどね。

さて、今日からしばらくは、『Pal Joey』の感想文でございます。

まずはワタシ的初日、10/16(土)昼の感想から上げていきます。
で、超~長いんで、例の如く“続き”へ畳んでおります。
本気で、めっちゃ長いんですけど・・・
長くて、しかも字がギュッ!と詰まってて、読み辛い事この上なし。
ブログって字数制限あったっけ?心配になってきたなー。

っと、感想にいくその前に。

.。o○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。.
 一昨日10月28日(木)・・・2拍手頂きました!感謝いたします(^_^)
.。o○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。.

>22:00 Rさま。

そうなんですよねー。予約はしてるんですけど・・・
録画したことで満足してしまうという、罠に落ちてます(笑)

・・・んじゃ、興味のある方がいらっしゃいましたら、どうぞ(^^)/
 ↓

『Pal Joey』 2010.10.16(土) 昼の部♪

・ものすごくドキドキするって感じでもなく、ものすごくハラハラするって訳でもなく、ストーリーが劇的に展開していく風でもないんだけど、何か・・・何か、観終わった後に残る、気持ちのゆとり感!? 今までにあまりない感じだったなぁ。 どことなく、ゴージャスな気分(笑)。 ・・・帰りに買い物してきちゃったよ。 天然石3000円分も。 気持ち大きくなりすぎ(^^ゞ

・ジョーイが主役なんですが、私が感じたのは、ジョーイがどうこうって言うより、ジョーイによって周りの女性達が変わっていく様が見えたミュージカルかな。 あ、もちろん、ジョーイ自身も成長があるんですけどね。 その辺は後で。 まずは、大富豪夫人・ヴェラ(高畑さん)。 彼女は最初、ものすごくすさんだ感じで登場してきて、あれは酔っ払ってたのかな? 何か毒づいてるような、表情もあまりなくて目が据わった感じなの。 それこそ、最初はジョーイなど相手にしてないんだけど・・・いや、あれは興味ありの裏返し? 水ぶっかけたりして、心は動いてるね、確実に。 目が向いてからは一気に加速してしまって、もう次のシーンでは2人でベッドの上(!)。 おーい、その間どーゆうやり取り、かけ引きがあったのよ!?的な(笑)。 しかし、あの、眠ってるジョーイが・・・あぁ、それも後で語ろう(笑)。 男女の仲になってからのヴェラは人が変わったみたいに明るくなって。 ジョーイのことを「この子」呼ばわりするあたり、すっごい大人の女性なんだけど(この場合、ジョーイは“若いつばめ”ですかね?さしずめ)、ヴェラのはしゃぎっぷりを見ると、まるで少女みたいで可愛くなってるのね。 結末としては、夢の時間も終わりを迎えるわけですが、ただ元の現実へ戻るって感じじゃなく、どこかしっかりと地に足をつけたっていうか、前向きっていうか、表情が出ていたのが良かったです。

・続いては・・・リンダにしましょうか。 あやねちゃーん♪ 登場シーンは清楚な女の子、しかし口を開けばどこか天然入った田舎娘。 ジョーイは多分、ここら辺じゃ見ない人種だぞ?なんて感じで声をかけたんだろうけど、しゃべってみるといつもの自分のペースじゃいかなくて、気づけば心の一部を持っていかれてた・・・そんな感じ。 あくまでもほんの一部分です。 大半は他の女の人に、そして自分の夢に向いてますので。 ただ、リンダに対してはその夢も2人の間で語られるのよね・・・他の女性達とはそれがなくて。 ジョーイは女性達の向こう側にある自分の夢を見てる。 リンダに対してる時だけは、リンダの“前”に夢を見てる、そういう感じ。 まぁ、結局リンダもジョーイと別れることを決意するんですけど、嫌いになったから、とか、好きだけどあきらめる、とか後ろ向きな理由ではなくて、シカゴにしっかり足を付けて生きていこうっていう前向きな心でね。

・そして、この人が影の主役か!?なグラディス。 ゆみこさーん\(^o^)/ 超~脚キレイっす! 歌のナンバーも多いしね。 客席降りも客いじりもあるしね。 ・・・そういや、ジェンヌさん来てたのかな? ほっぺたツンツンされてた客いましたけど。 男役さんっぽかったな、若手の。 今なら雪組か? ・・・話を戻して。 グラディスはちょっと落ちぶれた感ただよう歌姫なんですよねー。 で、どうやらジョーイとはいわく付きらしい。 顔を合わせるとまず口ゲンカ。 で、ジョーイもどうしてそこまでって言うくらい、彼女に対して冷たいのよね・・・別れた相手を無視するならともかく、歌を邪魔する、変な衣装を着せる、挙句の果てには店をクビにする・・・その心境がイマイチ今日はつかめなかったので、あと4回観る間に考えていこうと思います。 うん。 で、ラスト近くになってグラディスの企みで店を手離すことになったジョーイに感情をぶつける場面。 あそこでグラディスが放つひと言が、今回のミュージカルのコピーになってましたね。 そっか、あれはグラディスのセリフだったのかー。 ならば、このミュージカルは全体がグラディス目線のジョーイ主役!? だとしたら、2幕冒頭のチープなショー(ごめんな)も納得ですが。 何なの、こんなバカバカしいショーは、みたいな感じですので。 ラストは、まぁ、色々あったけど理解し合ってね。 きっと、過去の別れ方がスッキリしてなかったんだろうな、で、やっとキレイに別れることができた、みたいな結末になっておりました。 この辺は次項で・・・(笑)。

・さて、主役のジョーイですよ! これがさぁ、ほんっとに宙に浮いてるような男(笑)。 女と見れば口説きまくり、自分の夢にプラスになると考えたらそこしか見えてないし、足音もなく踊ってるし・・・これはまた別か。 まぁとにかく自分勝手、自己チュー、自信過剰。 そんな男の何がイイのか?って、やっぱ、目が死んでないとこだよね。 ギラギラしてて、生きてるってパワーにあふれてるもんね。 坂本さんがやる役って結構求心力の強いキャラが多いですけど、同じ求心力でも慕うんじゃなく、引きずり込まれる感じ。 まるでアリジゴクのような男です(笑)。 でーもー、嫌いになれないのよねぇ。 カッコイイもんねぇ。 言わば、超ギラギラ系なホスト、野心出しまくりのジゴロ!? 夢のためにとる行動が、まぁ、まちがってるワケなんですけどねぇ。 そういうのって、ジョーイ自身もわかっていたんだろうな、と思えたのが、ラストシーン。 「次は逃げないでやってくよ」みたいなセリフをグラディスに言うんですよね。 このセリフが出るってことは、今までは逃げて、ズルく生きてきたって理解しているって証拠でしょう。 ここでようやく、ジョーイも大人になった・・・んだろうな。

・いや、しかし、カッコ良かったなぁ坂本さん。 スーツも決まってるし、帽子づかいもスマートだし。 歌はソロナンバーで1曲丸ごとってのがなくて少々残念ではありますが、リンダとのデュエットとかハーモニーが美しくて、他の人と合わせるって大事な要素で、そこをしっかりクリアしてたのが嬉しいです。 あと、ダンスね。 足さばきはもちろん、指先まで美しくて、その上、表情がイイ! キラッキラしてるのよ。 ショーに対する心の表れでしょうかね。 何て幸せそうに、楽しそうに踊るのかしら・・・(そういうシーンだからってのはさておき)。

・今回、やたら女性を口説きまくってるジョーイ君ですが、でも、一回もリアルキスシーンなかったなー。 ギリで避けられるってのはあったけどな。 あと、ベッドシーンですけど・・・事後、なもんで(笑)。 ただねぇ、今日の私の席からはこのベッドがちょうど高さが同じでして・・・しかも真っ正面。 ランニングシャツにトランクスでシーツにくるまってるのが後でわかったんですが、パッと見は肩からと膝からしか見えてないもんで、しかもそれ、素肌でしょ? 一瞬、裸!?とか想像しちゃって、口元プルプルしちゃったよ(照)。 ジョーイってば横向きに寝てたもんだからさぁ、身体のラインが・・・ウエスト低くてヒップあたり高くなってて脚で下がるという何とも女性的な曲線(ハハハ・・・)。 ランニング着てたんだ、とわかった時には仰向けになったんですが、今度は胸筋鍛えてるから盛り上がってるしー。 ヤベェヤベェ、身体に惚れてどーするよ(笑)。 あ、惚れたと言えばもう一つ。 今回、ヘアスタイルはビシッとなでつけたオールバックなんですが、激しいダンスナンバーの後とか、少しだけ前髪が落ちてる時があってね。 その一束っつうか数本?それが何とも色っぽくて・・・好みでございました(*^_^*)

・最後に1コだけ不満点を。 花の衣装がねぇ・・・見た目だけでものすごく幼稚に見えるのが難。 内容も子供っぽいかもしれないけど、ならば見た目だけでもSexyさを出せなかったのかなー、と思うんですよねー。 それが無理なら、せめて・・・衣装に日本語デザインするのはやめてくれ(笑)。 日本でやるからって、ひまわりの“ひ”とか薔薇の“薔”とかをデザイン化して衣装モチーフにすると、ますますガキっぽいチープさが漂ってしまうんだよね。 日本人全員にわかんなくてもいいから、せめてアルファベットにはできなかったんでしょうか?なんて思ったのでした・・・。 ま、今更なんで明日からは割り切って楽しもうとは思いますがね。

・さーてと、明日はもう東京千秋楽なんですねー。 明日は2階からの観劇。 セットの高い所での芝居も多かったし、また別の角度から楽しみたいと思いまーす(^o^)/

以上っ。ここまでお読み頂き、お疲れさまでした~m(__)m

|

« やっぱり・・・(+o+) | トップページ | 雑文ですが・・・(←PJ感想・その2。) »

コメント

お疲れ様でした~。
でもこれ初回分の感想ですよね(笑)
きっとこの後変わってくるんじゃないかと。私はそうだったから。

面白い舞台でしたね。
最初はもう再演なんてやらなくていい!なんて思ったのに2度目に見た時はスルメ?なんて思い、千秋楽を見た後は再演熱烈希望!に変わっていたんですから(笑)

あと2週間やっていたらもっと違う舞台になっている予感があります。
どんどん良くなる。どんどん深くなる。
それも見たかったな。

次の感想もまた楽しみにしていますね。

投稿: 伊波 | 2010-10-31 08:49

こんばんは♪
汐佳さんの感想、待ってました。
千秋楽から1週間たっちゃいましたねー。
坂本さんのキラッキラの表情、私も大好きでした。
あぁ、また脳内絶賛上演中ですhappy02

投稿: かおりん | 2010-10-31 19:40

>伊波 さま♪

そうです!これは初見の感想です(^^ゞ
そして今日ようやく、東京の楽をUPする・・・
これを「忘れた頃に」と言うのです(笑)

“スルメ”という表現、まさにそうですね!
思えば、ネバゴナの時も似たような感想を持ったっけ。
最初は、もっと声出るはずなのになぁ、
もっとスマートに着こなせるはずなのになぁ、
なんて思ってましたが、何度も観るうちに味が出てきて、
未だに叶わぬ再演の夢を見ている次第。
あぁ、そーいやあれもオールバックでした・・・(笑)
次回作がすぐに来るってのも、状況としては似てますね。

坂本さんはもう次へ照準を当てていることと思いますが、
我々は気持ちだけは準備万端整えていましょうかね~。

投稿: 汐佳 | 2010-10-31 23:39

>かおりん さま♪

大変お待たせいたしました(^^ゞ
感想自体はメモメモ書き殴り状態ではありましたが、
出来上がってはいたのですよ。
ただ、あまりにも長文すぎて、入力する時間がなく・・・
ここにようやく日の目を見ることとなりました(^^)/

私もそうですよ!同じです、同じ!
きっと次の“坂本さん”を見るまでは、脳内絶賛上演中(笑)
関西じゃTVでVさん揃い組み見られませんし、
ネクジェネもやらなくなったんで・・・
ってことは、ジョーイ熱は来年まで続く!?

来年のZORROまでは地元にこもりっきりの私ですが、
また何かありましたら、お付き合い下さいませ~m(__)m

投稿: 汐佳 | 2010-10-31 23:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« やっぱり・・・(+o+) | トップページ | 雑文ですが・・・(←PJ感想・その2。) »