« 忘れないうちに。(←PJ感想・その1。) | トップページ | 15年♪(+PJ感想・その3。) »

雑文ですが・・・(←PJ感想・その2。)

ぅぇ~ぃ・・・頭重~ぃ・・・肩ガッチガチぃ~。
あ、でも、熱はないんでね。まだ大丈夫っす。

さて、今日はPJ東京千秋楽の感想をお届けします。
改めて、書き殴り文を読み返してみたら・・・何とまぁ、雑な(>_<)
揺れる新幹線車内で酔わないよう気を付けながら、だったからか?
まぁ、いいや。環境もひっくるめての感想ですよ。
・・・すみませんねぇ(^^ゞ

感想に行く前に。

++++++++++++++++++++++
 コメント頂きました!ありがとうございますm(__)m
++++++++++++++++++++++

>伊波 さま。

いらっしゃいませ~!
あんなにダラダラと長い文章をお読み頂けて、光栄です☆
ということで、返事を頂いたコメントに付けております。
ご足労かけますが、右のリンクから飛んで頂けるとワタクシ大変喜びます(^^)

>かおりん さま。

いつもありがとうございます~!
「待ってました」のお声がとても励みになります☆
ってことでですね、頂いたコメントに返事を付けております。
お手数をおかけしますが、右のリンクから飛んで下さると非常に嬉しいです(^^)

ではでは。
東京千秋楽の感想は、“続き”へどうぞ(^^)/
 ↓ 

『Pal Joey』 2010.10.17(日) 東京千秋楽♪

・まずはカテコから・・・幕下りました、また開きました、坂本さんが「今日は2階席までいっぱいだー」と呟きつつ、「ありがとうございました」、と。 けど、拍手は鳴り止まず、幕の後ろから坂本さん再登場してきて、「また会いましょう」と言って引っ込む。  まだまだ拍手~。 幕上がって、フルキャスト並んで一礼。 高畑さん先導でキャストみんな手をつないで高く上げてわーい! 下ろした後に高畑さんが坂本さんの手を両手でキュッと握るのがかわいい。  まだ鳴り止まない拍手に、幕の後ろから坂本さん出てくる。 「僕ももう20年舞台に立ってますけど、こうしてミュージカルのステージに立ってることが幸せなんです」、「素晴らしいキャストの皆さんに恵まれ、お客様から拍手を頂けて、幸せです」とスピーチ。 そして・・・オーラスは幕の後ろに引っ込みつつ、「おわりっ!」と宣言(笑)。

・客席降りグラディス、舞台向かって左側通路側にちょうど空席があって、そこに座ってセリフを。 右側に移動した時は、「大阪で待ってるわよー」と。

・グラディスがひまわりの衣装を着せられてムッときてるその表情が、「ZORRO・仮面のメサイア」でバカ振る舞いしてるディエゴを見てる時のあきれ返った顔を思い出させる・・・(笑)。

・今日はラストのグラディスとのやり取りでジーンときて。 旅立つジョーイと見つめ合ったまま話が終わるのも、すごくステキな、大人な終わり方だなぁ、と思いました。

・グラディスがマイクに向かって、「店の女の子はあなたがいれば安全だけど、男の子はどうかしら?」なんて言う。 昨日は気づきませんでしたが・・・ひょっとしてマイク、あなた、ゲイ?

・ジョーイと女性陣との関係を改めて整理・・・ジョーイはリンダに向き合ってる時だけは、ショーのためだけに生きてないって感じ。 というか、一緒に歩いていこうとしてるかな。 けどリンダは現実をよく見てる女の子。 だからフラレてしまう・・・えっと、あれ、フラレたんだよね? ヴェラはショーを作るために必要な大人の女性、というのはどっちかっつうと財力がね。 この女性といれば自分の夢を叶えるための材料を与えてくれる、だから好き、で入った関係。 グラディスは・・・まだ前半のいがみ合いとかがよくわかんないんだけど、図星指されてムカつく系なのかな? で、グラディスもそこをハッキリ言うんじゃなく、ジョーイの今のやり方はまちがってると言いたいんだけど素直になれずに毒づいてしまう、とか。 ラスト近くの「昔は下の階から苦情が来るほどダンスの練習してたじゃない!」・・・そんな頃のジョーイを知ってるグラディスってのは、今のフラフラしてるジョーイが許せなかったのかもね。 そして、そんな頃を知られているグラディスに対し、今の俺は違うんだから放っといてくれよ的な反発?

・今日お友達としゃべってて思った、2幕の花畑ショー(笑)。 ただ幼稚なんじゃなくて、ブロードウェイでだったら「プロデューサーズ」とかモンティ・パイソンの何とかみたいな、ぶっ飛んだショーもウケるんだけど、如何せん、30年代シカゴの場末のクラブでやるショーではないよね(笑)。 時代と場所をまちがえてますね。

・そういや、自信家のくせしてランク落として上目指してるって・・・やっぱ逃げてたんだねー。

・好きなものに没頭してるジョーイを見るヴェラの姿が・・・何か、自分みたいで身につまされる(苦笑)。 この子のためだったら何でもやってあげるわよー、何回でも舞台通っちゃうもんねー、みたいな!? リンダみたいに、単なる憧れで動く年齢はもう過ぎました(・・・。)

以上、帰りの新幹線車内で吐き出した感想でした(^^)/

|

« 忘れないうちに。(←PJ感想・その1。) | トップページ | 15年♪(+PJ感想・その3。) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 忘れないうちに。(←PJ感想・その1。) | トップページ | 15年♪(+PJ感想・その3。) »