« 10回! | トップページ | 何だ?これは・・・。 »

シャンシャン♪ (←宙組感想。)

前回の観劇が11月上旬ですから、何と1ヶ月以上も空いてたのね!
今日久しぶりにタカラヅカを観に行ってまいりました♪

今日は、宙組さんだよ~\(^o^)/

10月までがいろいろと忙しかったし、来年の予定もあったし、
今回、大劇場は前楽の1公演だけにしたんですよね。
そしたら、やっぱり何だか1回だけじゃ足りなくなっちゃって、
来年のゾロの合間に東宝で観る事にしてしまったという(苦笑)
ま、結局そんなコトになるんですよ(^^ゞ

ではでは、長い感想を“続き”に。
原作ありの再演物ですから話の流れはよく知られていますが、
一応、ネタバレありですよ。
 ↓

ミュージカル 『誰がために鐘は鳴る』

どうやら最近、涙腺が弱くなってきているようですよ。
またまた、だ~だ~泣きながら観てしまった(;ω;)
まぁ、きっと泣くだろうな、とは思っておりましたが、
案の定・・・ラストシーンで、きちゃいましたね~。
やっぱりさ、死ぬのとか別れるのとか、心動かされますもん。
怪我をして足手まといになるから自分は置いていけ、
と戦場に残る《ロバート》の覚悟に泣けてくるし、
愛する人を置き去りにしないといけない《マリア》の嘆きにも、
戦いはくだらない!と絶叫する《アグスティン》にも、
ホント、泣けてくるんですよ~(;д;)

ぜいたくなコトを言いますと・・・
座席が近すぎて、全体が見えなかったのが残念だったかなー。
いや、わかってます。何てぜいたくな文句なんだろう、って。
しかしねー、前から2列目・左から2番目ってのはねー、
群舞のフォーメーションがまったく分からないのよ。
あと、ステージで寝転ばれると、足しか見えないっつう。
「鼻が邪魔にならない?」って名台詞のキスシーンなんて、
鼻どころか、すみかちゃんの後頭部しか見えませんって。
銀橋の逆サイドに立たれると、首を真横にしないと見えないし、
近い方で芝居されると、今度は後ろ向かないといけないという(^-^;
そして、パレードなんて誰見ていいのか迷った挙句、
ついつい真ん前に立ってたカチャをガン見してしまい・・・
目線バチバチ合ってしまったよ。すみませんねぇ、こんな私に。

ま、近い分、表情がよ~くよく見えたので、そこは大満足☆
フィナーレのデュエットダンス、リフトしてる時のゆーひさんがね、
超~ニッコリしていて、ステキでしたのよ!
もちろん、芝居中の各人の顔もしっかり見る事ができたし、
そういう意味では、初見からガッツリくい込み気味で臨めたかな。
それと・・・パレードのシャンシャン音がものっすごく近かった(笑)
左耳に入ってくるのは鐘の、いえ、鈴の音のみ!?ってな感じ。

ちなみに、来年東宝で観る時は2階席ですので、
次はざっくり全体像を拝むことができますね。
2階に聞こえるシャンシャン音はどんなもんだか、楽しみだ(^^)

・・・あ、そういや、今日観てて思ったんだけど、
この作品、スペインが舞台だったんですね。
ってことで、スパニッシュダンスですよ。オーレ!ですよ。
私、次回観るのって、宙組の前日&翌日にゾロなんだよな。
国は違うけど、ゾロの舞台はスペイン領時代のアメリカで。
あらら、3日連続でスペインですか!?私。
どーしましょ。スペイン料理でも食べた方がいいかしら?
(↑何か違う気がする。笑)

話がズレてきたので、あと一ネタだけ書いておしまいにしましょ。

本気で髪を短くしてしまったすみかちゃん。
その姿を見た時、彼女の覚悟にホントに感動しました。
で、その髪をなでるゆーひさんの手つきがね、
劇中に出てくる「兎ちゃん」って台詞がしっくりくるくらい、
本当にウサギとかネコをなでるかのように優しかったんですよ~。
でも、どこか生々しいような、エロティックな感じもして、
さすが“たった四日間の恋”、何とも濃密な空間を醸し出してました。

・・・以上っ。今回はこんなトコですかね~。

|

« 10回! | トップページ | 何だ?これは・・・。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 10回! | トップページ | 何だ?これは・・・。 »