« ゾロ・ザ・海外盤♪ | トップページ | 宿探し。 »

ネタバレ注意! (←ゾロ ザ・1/15昼の感想。)

ZORRO未見の方には申し訳ないのですが、
もう、めっちゃブログめぐりめぐって感想ネタバレ読んでますよ。
主要キャストの皆さんに、アンサンブルの皆さん、
Vファンの皆さんのブログなどなど・・・
見つけてはウヒャウヒャ喜び、ハプニング情報に大笑いし、
いやぁ、楽しい楽しい♪

というワケで・・・

今日、私も感想を載せてしまおうと思います。
ってのも、回数重ねていくと前の印象も塗り替えられてしまうし、
覚え間違いにも気付いちゃったりするんですよね。
まぁ、間違いをアップしたままってのも微妙なんですけど、
そういうのもひっくるめて、その日の感想なのかな、って思うんで。

あ、その前に。

++++++++++++
 コメントいただきました!
++++++++++++

>かおりん さま。

いつもありがとうございます!&お疲れ様です~!
同意して頂けて非常にうれしゅうございます(*´v゚*)ゞ
頂いたコメントの続きに返事を書いてみました。
右のリンクから、もしくは、コチラ →
からどうぞm(__)m

.。o○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。.
 一昨日1月24日(月)・・・1拍手頂きました!ありがとうございます(^_^)
.。o○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。.

さて、と。ZORRO感想(1/15昼)を“続き”に隠します。
毎度お馴染みのネタバレ長文でございます。ご注意を。
 ↓

『ゾロ ザ・ミュージカル』 1/15昼の部(一部、初日感想あり)

~第1幕~

幕開け、あちこちから前方に集まってくる感じでキャストたちが登場。
・・・えぇ、2階からはほとんど見えませんでしたわよ。
初日はE列に座ってたんでバッチリ・・・のはずでしたが、
私の斜め後ろ、すぐのところに子役が立ってたのに気付いたけど、
あまり後ろ振り返ってもなーと思ったんで、存在を感じる程度に抑えて。
その気配が再び動き出して前に進んで行った時に、
ん?あの後ろ姿は・・・衣装に見覚えがある感じなんだけど・・・
ステージに上がって、向かって左側で踊り出すその人は!
おぉぅ!坂本さんじゃないかぁっ!
え?ってことは、坂本さんってば私のすぐ後ろで立ち止まってたの!?
うわーん、気付かなかったー(。>0<。)
もっとも、気付いたところで後ろ向いて固まるのもあまりよろしくないし、
これはしょうがないか。

ジプシーの大道芸、後ろの荷車の天井を開けて《ディエゴ》が飛び出す。
両手から炎を出したり、ロープをつたって着地したり、と、
かなりド派手で陽気なお兄ちゃんのようで・・・いわゆるラテン系(笑)
《イネス》に強烈なキスされてるのも、とっても楽しんでる感じでした。
曲「バイラ・メ」もとても陽気で、声も爽快な感じで気持ちよく聴けます。

シャンパンを消したり、《ディエゴ》→《老ジプシー》にすり替わったり。
そして、再度登場してきた《ディエゴ》は・・・
えっと、上半身裸に白いジャケット!?おー、鍛えた胸筋見せまくり。
曲が終わると、《ディエゴ》は上着を脱いでタオルを肩にかける。
微妙な部分が隠れたり隠れなかったり(*ノv`)

父親が死んだことに大きなショックを受けた《ディエゴ》、
それまでの軽さから急転直下。でもグラスは落とさず人に手渡す(^^ゞ
本当に震えてて、差し伸べられる手も振り払って、
何も聞きたくないって耳を覆って、自身をギュッと抱きしめて・・・
その嘆きぶりを見てると切なくなってくる(u_u)

悲惨な状況の一部始終を建物の上に座って見ていた《ディエゴ》。
帽子とマントのシルエットが、何となくスナフキンみたいだった(え?)。

《ディエゴ》のソロ曲、「HOPE」。とても伸びやかな歌声で、
空間いっぱいに広がりが見えるような印象。パワーを感じます。
キーが結構高い部分もあるけど、初日は大丈夫。
3日目は若干イガイガっとしてたけど、まぁOKかな。

「赤、赤、赤・・・」と赤い衣装を探している様子だけど無いらしい。
駄々っ子のように「赤が良かったのっ!」って・・・超かわえぇ。
「何をやる気だ?」といぶかしむ外野をよそに、
「これ、どう?」「こっちは?」と、若干楽しそうである・・・。

《ラモン》に近付く《ディエゴ》、いそいそと飾り帽子をかぶり、
大きめのイヤリングを付けて・・・
「ラ~モちゃ~ん♪」と、めっちゃオネエな動きを。
いつもながら、何でこの人はこーゆう演技上手いんでしょうね(^^ゞ

黒ずくめのヒーローについて民衆に聞く《ディエゴ》ですが、
「エル・ティーグレ!(虎)」とか、「エル・トーロ!(牛)」って言う時の、
ポーズがなかなかキマッててかっこいいんだなー。
ちなみに、「ゾロ」はキツネだそうですよ(^^)

《ルイサ》がバスタブに浸かっているところに、《ゾロ》が乱入してくる。
椅子に座り込み「はぁ、はぁ、はぁ・・・もう、ヤダ」と意外に超ヘタレ!?
《ルイサ》に問い詰められ、気取った感じで答えるのがカワイイ♪

~第2幕~

・・・すみません、2幕はシーンの順番ぐちゃぐちゃで、
覚えてない訳じゃないけど、アップできる感想は少ないですm(__)m

洞窟で《ディエゴ》が見つけた石をペンダントにして持ってる《ルイサ》。
愛想をつかしてペンダントを外そうとすると、
その場にいた《ゾロ》が慌てて「待って!取らないで!」って。
ここの言い方、焦り方がちょっと可愛かったんだよなー。
で、正体を明かしてしまおうか、というジレンマはもどかしくてイイね。
デュエット曲がかなりの美しさでございます。
そうそう、洞窟の上の《ゾロ》の目線が2階席にバッチリ向いてます。
一瞬目が合ったかと勘違いして、かなり照れる私((w´ω`w))

《ゾロ》が上空からフライングで登場!どうやらここは本人らしいよ。
ちなみに3日目は、向かって右上空から登場、
→ 左へ横切りながらも高度が下がって、→ 舞台左端に着地、
→ 勢いで舞台袖へ転がる、って感じに見えたんですが。

ラストシーン(すみません、いきなりで)
何の障害も無くなった《ディエゴ》と《ルイサ》は、熱烈なキスを交わす。
・・・これがちょ~長い。何せそのまま幕が閉まるんでね。
初日は気付かなかったんですが、2階席から観て分かった場面が、
その傍で横たわる《ラモン》の亡骸に寄り添う《ドン・アレハンドロ》の姿。
頭を撫でてるように見えたんですよね・・・その愛情、何とも哀しいです。

以下、フィナーレ。
夜の部では時間の都合で出られないらしい子役3人が、
昼公演では大人キャストと一緒に礼をしてました。
その後は3人固まって踊るのが可愛くてね。
素人目にも未熟な感じでフラメンコ一生懸命踊ってるんだもん。

カテコでは、とにかく延々と続くフラメンコ。いつ終わるんだ?的な(笑)
キャストが半円を描くように囲む中で、1~2人が自由な感じで踊る。
掛け声とか合いの手とか、踊るメンバーを囃す時の坂本さんの、
手の動きがすご~く好きで見惚れてました。
腕を上げ、手の甲を外に向けて「Oi!」「Hi!」って感じなんですよ。

・・・というワケで、まずは2回観た時点での感想でした~\(^o^)/
次回の観劇日は、2月5日(土)でーす。

|

« ゾロ・ザ・海外盤♪ | トップページ | 宿探し。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゾロ・ザ・海外盤♪ | トップページ | 宿探し。 »