« 今年もこんな調子です(^^ゞ | トップページ | 3リーダー。 »

懐かしの70年代。 (←月ドラシテ感想)

昨日のブログにさりげな~く書いてたんですが、
本日はドラマシティにて、月組さんを観てまいりました♪
いや~、正月から観劇。何とも幸せなことです(^^)

おしっ。今日中に感想書いちゃおう。

ところで・・・今日の座席もまたとんでもないトコでしてね。
前から3列目、左から2番目。ちょ~近い。近過ぎるw(゚o゚)w
この前の超近い席もそうなんだけど、チケぴ席なんだよね。
するってぇと何かぃ?チケぴの割り当ては前端なのかぃ?
と勘繰ってしまう今日この頃・・・(^^ゞ
あまりにも前過ぎて、人の配置がよぉ分からんかった・・・
表情はよ~く見えたからいいんだけどなぁ。
うーむ・・・もすこしバランス良く見たいものであるよ。

じゃ、“続き”にて感想を書かせて頂きましょうか。
ネタバレあり~、で、更にもう一つ注意点がございまして。
ストーリー等々、ちょい辛口含みます(;´Д`A ```
 ↓

ミュージカル 『STUDIO 54』

アメコミ風なイラストとともに、登場人物の紹介映像が流れてスタート。
作は齋藤先生か・・・この演出、相当お気に入りのようですな。
『エル・アルコン』しかり、『トラファルガー』しかり。
ちなみに、最後にも。いわゆる、エンドロールですね。
導入するのは面白いんですけれども、あまり多用なされませんように。
私たちは舞台を観に来たのであって、映画を観に来た訳じゃないからね。

お話としては、まぁ・・・結構単純で、予測が付きやすく(おぃ)。
孤児院育ちの主人公は三流タブロイド紙付きのパパラッチで、
追ってたスキャンダルの先に、孤児仲間だったヒロインがいたという・・・
お約束通り(?)ヒロインは過去を封印してスターになろうとしてて、
でもそのわりに、主人公とヒロインの関係が案外あっさり判明するのよ。
そこが非常に残念なんですよねー。もう少しひねりが欲しかったかも。
むしろ、敵役の方が気になる・・・過去に何があったの?
っつうか、支配人さんと妖しい関係なんだよ。BL風味なのよ。
あ!それでか!それで性格歪んじゃったのか!・・・違う?(笑)

時代背景が70年代ってことで、所々で使われる曲が懐かしい♪
「ヴィーナス」、「君の瞳に恋してる」など、手拍子いっぱい。
フィナーレではその当時日本で流行ってた曲がズラッと並びまして、
「ヤングマン」、「美・サイレント」、「イン・ザ・ネイビー」などなど、
一緒に歌ってもいいですか?的なノリでしたよ。
と同時に、そっか、この頃のお話か、と分かる一石二鳥(笑)
ま、言い換えれば既製曲使って新曲少ないってことですけどね・・・
うーん、まぁ、良し悪し両方あるかなー。

最後に、各キャラに向けてちょこっとずつ感想を。

《ホーリー》きりやん&《ジゼル》まりもちゃんって、
依存しあわないコンビですよねぇ。どっちも強い感じがする。
きりやん・まりもちゃん自体、色が似てるとも言えるのかな?

《ザック》みりお君が・・・《支配人》リュウリュウと、ヤバイ仲!?
けど、さっきも書いたけど、《ザック》の方が気になってしょうがない。
登場シーンは普通の少年だったのに、支配人の目に留まり、
《Z-BOY》になってからは性格が超悪くなってんの。
ホント、何があったの!?って感じですよー。

《バド》もりえちゃん。ヒッピーの格好ハマりすぎ(笑)
《ラングレー》マギー。こういう可哀想な役ばっかりな気がするよ。
《ニール》ゆりやクン。この子はいつ見ても可愛らしいなぁ。
《ダグラス》珠城りょうクン。妹役の花陽みらちゃんといいコンビ♪

あと、《編集長》の憧花さん。キャラがDMC(注)の松雪さんとカブる(笑)
(注。DMC =映画『デトロイト・メタル・シティ』の略です)

とまぁ、若干キツめな感想でございましたが・・・
つまらなかったワケではなくてですね、楽しかったんですよ、
と付け加えとこう。コレ、ちゃんと書いとかないとな(^^ゞ

以上で~す。

|

« 今年もこんな調子です(^^ゞ | トップページ | 3リーダー。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今年もこんな調子です(^^ゞ | トップページ | 3リーダー。 »