« ハウスダスト。 | トップページ | まず・・・。 »

一長一短。 (←雪組全ツ感想。)

今日も1日、部屋の片付け・・・あー、鼻水が止まらん(≧ヘ≦)゛

とか言ってダラダラするのは、そろそろナシにしないとね。
今日は、こないだの日曜日に観たタカラヅカ、
雪組全国ツアー大阪公演の感想でございます♪
書いた!頑張って書いたよ!
ひねり出したワリには、相当量の感想になりましたが(苦笑)

では、長いしネタバレありなので、
いつものごとく、“続き”に隠しておきます。
ちなみに、タイトルがそのまんま感想につながっております・・・。
興味のある方は、どーぞ(^o^)/~
 ↓

ミュージカル・プレイ 『黒い瞳』

懐かしい~!超懐かしいです~\(^o^)/
大好きな月組さんだったし、話も好きだったんだよな・・・。
で、今回、雪組さんが再演してくれたってことで、
感想を端的に言うと、全体的に“若返った”感じかなー。
それによって、良くなったと思えたり悪くも思えたり、
再確認できた部分もあったり。

良くなってる、と思ったのは、主人公のキャラクター。
実はですね・・・初演のマミさんには白すぎる役だと思ってたの。
(今さらゴメンなさい!ですが・・・)
マミさん、トップになったら結構そういう役が多く来ちゃってて、
それまでのアクの強い役が吹っ飛んじゃってたのよね。
その点、トップになったばかりのキムキムにこのキャラはピッタシ!
真っすぐで素直で少しばかり世間知らずなトコもある青年貴族、
そんな彼の成長ぶりが合ってる気がしたんですよね。

もう一つ、良くなったと思ったのが、場面転換。
初演時の印象として、場面がコロコロ変わりすぎて、
登場する町と町との距離が感じられなかったんですよ。
ロシア国内だからそれぞれの間は遠いんだろうなぁ、
けどすぐに場面が変わるから、遠いからこその苦難が見えなかった。
今回は出演者が少ないせいか、数場面カットして説明だけになってて、
台詞を聞いて想像することで、距離を感じられたんですよ。
何と言うか、すべて見せればいいってもんじゃないのね。

悪くなってる・・・うーん、悪いってほどじゃないんだけどな、
出演者が若返って現代風の味付けになってたと言うか、
スマートでスッキリして“青い”印象を受けたんですよ・・・。
まぁ、これも人数が少ないからしょうがないのかなー、
反乱を起こすコサックの集団とか、迫力が足りないの、やっぱ。
まっつのプガチョフも堂々としてて良かったんだけど、
もう少しどっしり感とか、泥臭さが欲しかったな、と思ったね。
・・・初演のリカちゃんの“浮浪者”ぶりがハマりすぎだったのか(^^ゞ

しかし、あの名場面は健在でした!
橇《そり》に乗って歌うニコライとプガチョフのデュエット、あれはいい!
特に今回はさ、キムキムとまっつが同期だってのも加味しちゃって、
勝手に感動しまくっておりました(*^_^*)
客席からの拍手もひときわ大きかったようにも思いましたよ。

あ、そうそう。この作品から正式にトップ娘役となる美海ちゃん。
いや~、か~わいいよね~(*´ェ`*)
初演がダンスの名手・ユウコちゃんでしたから心配してましたが、
軽やかさもちゃんと出ていて、良かったし。
何より、キムキムとの相性が良さそうなんでねー。
次の大劇場公演がまた楽しみになってきました♪

ショー 『ロック・オン!』

みずしぇんサヨナラで熱かったよな・・・という印象が強いのですが、
練り直した今回のを見る限り、んー、それほど熱くはなく。
何だろ、客席との掛け合い前後の曲が“薄く”なったのか?
ライブ会場みたいな熱気があの時はあったのに、
今回の曲だとそんな熱狂的にはなれない感じでして。
そういう意味では、ライブ的なのはオープニングだけかな。
あとは普通に、ショーでした。そんな感じ(←え?)

で、去年これやった時にキムキムがメインだった“ピアノの記憶”。
これが今回、何と彩風さんがメインでして。おぉ、大抜擢。
大汗かきつつ一生懸命頑張ってるな~、ってのが見て取れて、
素直に「若いっていいな(^^)」と思えましたよ。

「エル・クンバンチェロ」で登場したお二人さん。
彩風さんと煌羽さんが組んでて、おぉ!これまた大抜擢ですな。
彩風さんはさっきも書いたし、新公でも本公演でも出てるけど、
煌羽さんはこの公演で初めて認識いたしましたよ、私。
『黒い瞳』でもトリオの中の一人だったしね。
しかし・・・あれ?このシーン、どっかで観たような・・・と思ったら、
場面名が“Turn the Beat!”とある。
って、『Heat on Beat!』じゃないの!?これ。
あ、そっか。どっちも三木先生作だ。
でもさぁ、ついこないだやったばかりの作品から引っ張るのって、
どうなんでしょうねぇ・・・シリーズ物ならともかく。
それぞれにテーマがあってショーを作ってると思うんだけど、
こういった引用の仕方はあまり好きではないなぁ。
前に『RIO DE BRAVO』でもありましたっけ、
『BLUE MOON BLUE』の1シーンが入ってたことが。
あれも正直、微妙だったんでねー・・・。
過去作品のオマージュじゃないもんね。手前味噌だもんね。
アイディアがつぎはぎなのがバレますわよ~ヽ(○´3`)ノ

とまぁ、気が付けば彩風さん話ばかりになっていたり(^^ゞ
でもねー、抜擢を上手くモノに出来ると成長しますんでねー、
楽しみではあるんですよ、うん。
特に、力のある人たちが去年ごっそり抜けてしまったんで、
早く若手を育てないと、スカスカになっちゃいますんで。

ラストは作品の感想じゃなくなってました。すみません。
以上っ。

|

« ハウスダスト。 | トップページ | まず・・・。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。