« ごほっ、ごほっ・・・。 | トップページ | 初代。 »

これぞ殴り書き。 (←『SP革命篇』感想。)

『コクリコ坂にて』・・・でしたっけ?
岡田くん、またまた声優やるんですってね~。
ジブリ作品で、『ゲド戦記』と同じ監督さん。
けど、内容は割と普通っぽい?
アニメで日常風景ってあまり食指が動かん・・・
って、全然違ってたらゴメンなさいねぇ(^^ゞ

とか書いてて、急に思い出した!
私、『SP革命篇』の感想、まだアップしてなかったね!
おっとぉ~・・・

えーとですね、書いてることは書いてるのですが、
思ったことを思ったままに書き殴っておりまして、
これじゃ世に出せないなぁ、推敲しないとマズイだろ、
って思って保留にしてたのですよ。
でも、日が経つと、観てすぐに感じた“新鮮さ”が失われちゃう。
そんな状態で書き直すと、感想が変わってしまいそう・・・
なので、今回このまんまでアップしてしまおうと思います。
文面も荒いし、かなり勝手な主張もしておりますので、
ん~、どうだろ?って心配なところもありますが、
ま、これも感想だ。その時の気分に嘘はない(←開き直り)。

では、“続き”にずらずらずら~っと改行少なめでお送りします。
とりあえず、まだ公開中ですので、ネタばれ注意報発令中!
 ↓

『SP 革命篇』 感想。
・・・以下、乱筆乱文にて、先に謝りますm(__)m

ドラマからスペシャル版からぜーんぶ観てないと分からない部分、多々あり。そういう意味では、初心者には不親切な作りか。コアなファンには嬉しいけどね。これまでの話に布石置きまくりだったってことだからな。

『野望篇』はひたすらアクション、『革命篇』はとにかく主張。思ったより硬派でしたなー。政治的な話に真っ向から対峙してる。これがまた今時な展開でさ。けど、岡田君じゃなくて堤さんが主演だよね。っつか、チームSPが主役か。

井上のシンクロ能力ってさ、ドラマ始まった当初は「自分が犯人だったら・・・」って思考が先回りしちゃうって話じゃなかったっけ?映画見てる限りでは先回りってより想像してるだけっぽかった。井上が尾形さんの側に付いてたら最強だったのにねー。残念だよ(←by尾形さん)。

石田さんが「俺たちの職務は何だ?」とかって言って本会場へ向かう流れがすっげぇかっこ良かったよ。さすが、尾形さんが育てたチームだわ。

尾形さん見てると、“里入り忍”って言葉が思い浮かぶ・・・(笑)。結局のところ、尾形さんは組織とか国家とかをどうこうってんじゃなく復讐のためにってのが主だよね。で、井上はひたすら任務を全うするというか命を護るために動くのみ。壮大な理想とか、そんなのいらないよ。底辺で必死に働いてる国民がいてこその国でしょ。なんてことを思っていた私は底辺近くでうろついている派遣社員(-_-;)

大層な爆薬とかセットしてるテロリストが、画鋲やコピー用紙やカッターであっけなくダウンしちゃうのが痛快というか、スカッとしたよ。悪者側は仰々しい空想科学っぽい仕掛け作ってんのに、対するヒーローがちまちまして実用的なあたりが日本らしいと言うか何と言うか(笑)

国会議員たちの悪事をつらつらと並べたところで国は良くならんのじゃないかい?それよりも先に進んでほしいやね。香川さん演じる伊達みたいな人物、まぁ問題ありありだけどリーダーシップは取れそうだな。もっとも、ああいう焼き畑農業的なのっとり計画はどうかと思うが。

人の計画に乗っかってその後のシナリオ作っといて、自分達は現場に出ずにワイン飲んでる若手官僚たちが一番ムカつく。こういうのに国を仕切られるのはマジかんべんしてほしい。あと、国会議事堂が尾形さんたちに占拠されてるのを中継で見てる一般人(おそらく2chあたりの住人)が「SPかっけー」みたいな書き込みしてるのがねぇ・・・実際、何か事件が起こるとそれに乗じて犯人の方に味方するような書き込みが出たりするからな。いつも思うんだけど、こういう書き込みする人たちってさ、安っぽくてアホだなーと。

ラスト近くの、手錠と腰紐付けられる尾形さんの姿にちょっぴりショックを受け。やっぱ観たくない姿だよな。

そして、今日もまた頭痛に悩まされながらSPの仕事に就く井上君・・・続きそうな終わり方だったけど、作ったらもうそれは『SP』ではなくなるような気がする。井上君、機動隊とかに異動しますか?だったら出てきてもOKかもよ。ま、映画はもう続編やらないらしいけど、井上君の苦労は続く。がんばれSP。

・・・以上・・・読めましたかしら?
ホント、暴言だらけでどうもすみませんm(__)m

|

« ごほっ、ごほっ・・・。 | トップページ | 初代。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ごほっ、ごほっ・・・。 | トップページ | 初代。 »