« 思い出すなぁ~。 | トップページ | キリがないんだけど。 »

某ミラノ風!? (←月組感想。)

こないだの土曜に観たタカラヅカの感想を書こうかな~。
って、実は昨日の仕事中に書き殴ってたのさ。
会社のPCに向かってね~、ダカダカダカってね~。
だって、お盆ですもん。電話もないし、ヒマですもん。
・・・サボってました、すいませんm(__)m

芝居、ショー、それぞれの感想の前に・・・何とワタクシ、
2階B席だってのに度の強いメガネもオペラグラスも忘れたのだ!
おぉぉぉぉ~、見えねぇよぉぉぉぉ~(。>0<。)
なので、今回は予習として観る事にしましたよ。えぇ。
運の良いことに、チケットを安く譲ってくれた方がいて、
もう1回観させてもらえますし。
話や流れを楽しむんだと思えば、諦めもつくさ(゚ー゚;

それでは、“続き”に畳んでますので、見たい方はどうぞ・・・
厳重注意!今日は本気でネタバレだらけですよっ!
 ↓

ミュージカル・ロマン 『アルジェの男』

改めて今思うことは・・・
何だか短編小説読んだ後みたいだな、ということかな。
短編って、終わりに余韻なんてないもんね。プツン、と切れるもんね。
それくらい結末があまりにもあっけなく・・・
“霧のミラノ風”とでも言おうか・・・って、何かの料理みたいですが。
(実際は『霧のミラノ』の方が後の作品です。)
主人公が撃たれて、一言も発しないで死んで、
ヒロインが泣き叫んで幕、ですもん。
タカラヅカなら散々会話してから事切れるパターンが常です。
(・・・それも微妙だが。)
なので、幕が下りた後の客席の取り残され感、
あれは何とも言えませんねぇ。
「いや~、楽しかったね~」じゃなく、「・・・ん~っと・・・」だもんね。
もし、これが普通のお芝居だったら、カテコどうなるんだろ。
そんな心配をしてしまうほど、ずどーん、と落とされる幕切れです。
ただ、その前のシーンあたりから何となく予感がしたので、
唐突さはそれほどないかな。
ある程度予想通りというか、あぁやっぱそうなるよねぇ、って感じです。
もっとも、これだと暗い過去を持っている人間は、
日の当たる場所に一生出られない、みたいな話に思えてしまって、
それはそれで納得行かない部分ではあるのですが。
不良少年でも更生して立派な人間になれますよ、じゃなく、
のし上がって行く先々で周囲も犠牲にしたり、過去に引きずられたり、
で、結局その野望は果たされること無く、ってねぇ。うーむ、どうなの?
(時々、刑事ドラマとかでもありますがね・・・犯人に同情しちゃう事件が)
ストーリー的にはどツボですけど、何故かカラッとしてるんだよな。
それって“青春の翳り”がテーマになっているから?
まぁ、それにしても・・・ねぇ。
あの終わり方では主人公に感情移入できませんな。
いや、むしろ感情移入しちゃったら気分どん底に落ちちゃうよ。
登場人物みんなが救いの無い描き方されてて、何だこれは?と。
ある意味、総倒れ。死んじゃったり、死なないにしても色々失ってたり、
誰か1人でも幸せつかめた人いたんだろうか・・・うーん、うーーーん。
月組でここまで救いのない芝居って、観たことあったっけ?
『飛鳥夕映え』とか『EL DORADO』なんかも悲劇と言えば悲劇だけど、
主人公側も敵も、みーんなダメってパターンはないでしょー。

この話、どうやら音楽学校の教材に使われているらしいです。
そう言われれば確かに、大勢口での芝居とか群舞もあるし、
ガッツリ台詞の言い合いになるトコもあるし、ラブシーンもある。
貧しい不良少年も出てくれば、貴族の舞踏会もやらなきゃだし、
コスプレや大芝居ではなく、等身大の人間を演じないといけない。
そういう意味では“習作”的な感じも・・・あるのかなー。
それを今の月組でやる理由はイマイチよくわかりませんが。苦笑。

とまぁ、暗い感想ばかりになってしまいました・・・
ごめんねぇ、次回観た後にはもう少し色のある感想書けると思うわ。

ショー・スペクタクル 『Dance Romanesque』

芝居が暗い分、ショーではド派手に!
・・・とか思ってたら、泣ける場面に出くわしちゃったよ(ρ_;)
1つは、“ノートルダムのせむし男”の場面。
何とトップスターがまったく踊りません。歌いません。
ずーっと、ほぼ顔が隠れてます。
まぁ、見た目は醜いけど心は誰よりも清らかな男の話ですから、
仕方ないけど、ラストもほぼ醜いままでしたね。
で、背中から真っ白な羽根が生えて天上へ昇るという、
ちょっと異色な場面に感じられました。
しかも、天上へ昇ってくだけで歌がないし(・・・よね?)
2階から見てると早々に姿が見えなくなるんで、
芝居じゃないけど、あっさりと次の場面へって感じでしたね。
あ、元ネタもこういう展開ですかね?
愛は成就しないけど、心は救われるってのは。

2つめは、カモメの場面。いやー、あれは好きですねー。
海を渡っていく1羽のカモメの後に続いて仲間も飛ぶんだけど、
航海の途中にはいろんな苦難が襲ってきて、羽ばたく力も無くして、
それでも気力を振り絞って再び飛んで、明るい未来へ、みたいな。
最後にはほぼ全員が集結して、真っ白な衣装での群舞。
ゾクゾクしました。それと同時に、涙が流れてきたよ。
最近、何でだか涙腺弱いんだよなー。

若手の男役さんが歌い踊る“月色男子”の場面は、ちょっと残念。
と言うのも、パワーは感じられるんだけど、
如何せん歌詞が聞き取れなくて・・・。
K-POP風ってことですが、リズムが早いと単語は伝わりづらいね。
しかもこれがカーテン前でのパフォーマンスなんで、
前座のようにも見え(;;;´Д`)
何となくカッコ良かったなぁ、程度で終わっちゃったのが惜しいです。

主題歌はタイトル部分がやたらと耳に残って( ^ω^ )
帰り道ずーっと「ダンス!ろまねーすくー♪」って口ずさめますが、
前後を覚えられなかったので、そればっかりです(^-^;

あ、最後になりましたが、最初に客席降りがあります。
そんでもって、2階への客席上がりもございます。
下級生の子たちだろうな・・・ごめんね、判別出来なくて。
しかも2階席めっちゃ空席だらけなんで、逆に申し訳なく(´-д-`)
でも、それを度外視すれば、こっちとしてはすっげぇ楽しい!
それだけでテンションMAXになりましたよ♪

とりあえず(?)今回はこれくらいにしますわ。

|

« 思い出すなぁ~。 | トップページ | キリがないんだけど。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 思い出すなぁ~。 | トップページ | キリがないんだけど。 »