« 歴史的名言を。 | トップページ | 高い買い物は難しいなぁ。 »

星間戦争が分かる人はOKか? (←宙組・感想。)

まぁ、いつの間にか10月入っちゃってましたなぁ。
いかん、ヒマ人なのに衣替えすんの忘れてるぞ。

さてさて。
先週でしたか、観に行きました宙組さんの感想が無事上がりました。
凰稀かなめ&実咲凛音のトップお披露目公演ですよ♪
今回もまた、とんでもなく長文になりました・・・(^^ゞ
ほとんど感想っつうか、記録だね。これ(笑)

覚悟のある御方はどうぞ、“続き”にてご覧下さいませ~。
 ↓

スペース・ファンタジー 『銀河英雄伝説 @TAKARAZUKA』

一言、観終わった直後の感想は・・・
「週刊マンガ誌を一気読みしたみたいだな」(爆)
まぁ、要するに、分からないってことは無かったけど、
ものすご~く詰め込まれてるなぁ、ってのは分かった(笑)
そうねぇ・・・満足感と言うよりは、満腹感!?

宇宙を舞台にしてる話だから、私みたいなガンダム世代はいいけど、
もしかしたら年配の方とか、私と同世代でもアニメ見なかった人とかは、
どうだろ?展開に付いて行けなかったんじゃないかなぁ?
そりゃ、私も銀英伝は未読だから都市名とかは覚えられなかったけど、
星間戦争とかの概念は理解できるワケですよ。えぇ。
核爆弾使っちゃったって、コロニー落としぐらいタブーなことなのか!?
とか想像できますんでね、すごく面白く観られたのよ。

・・・しかし、アニメが実写化されるとダサくなるんですね、宇宙服って。
何だかモコモコしてて、ちょっと笑ってしまいました(゚m゚*)

さて、今作はテル&みりおんのトップお披露目公演な訳です。
がっつり組んでる役どころではないのが寂しいところですが、
まぁ、ラストにはちゃんと寄り添ってるって言うか、
苦悩するラインハルトをヒルダが今後支えていくのね、
みたいなのが伺える展開で終わったんで、ま、いいのかな。

テル演じる主人公・ラインハルトに主軸が置かれてまして(当然ですが)
膨大な量の原作をすべて網羅する訳には行かず、
小池先生もかなり苦戦した様子ですな。
ラインハルトだけを追って観ていくと話は通るんですが、
脇役の中には扱いのぞんざいなキャラも、まぁ、おりまして。
あと、舞台で観た感じでは、皇帝がお姉さんを連れて行ったからって、
そこまでの上昇志向を持つか?ってのもあるな。
原作をちゃんと読んで行けばそれなりに重い理由もあるんだろうけど、
舞台だとそこがあまり・・・私には伝わって来なかったなー。

しかし、テルは超かっこ良いな!
コスプレ似合うし!金髪の貴公子、サイコー♪
これであともう少し歌がんばれば、もっと良いぞ!?
聡明なイメージが合うみりおんとの並びも、なかなかステキですな。
ただ・・・まだ1作目ですから分からないけど、
もしかしたら、両者とも押しが弱いかもしれないかなー。
どっちもがふわふわした色合いだとよろしくないので、
次の作品が本当の勝負になるかもしれませんぞ。

組替えでやってきたあとのお2人、まずはきたさんから。
ヤン・ウェンリーですか。よくは知りませんが、人気のキャラらしいね。
でも・・・何だろ、すっごく普通の感覚を持ってる人物なのかね?
戦争という異常な日常にあって、あの普通さは逆に新鮮。
その持ち味をきたさんが飄々と演じているようで、良かったですよ。
そして、キルヒアイスのまーくん。おりょ?健気で可愛い??
花組にいた時は背が高く映っていたけど、さすが宙組だな、
あのまーくんが可愛く見えるなんて、驚きです。
そんな見た目の印象と役柄も同じ、ラインハルトに忠実な親友で、
結果的に、今作の相手役はまーくん!?とか思っちゃいました。

あ、そーいや、フィナーレで銀橋に並んだ時、
ともちんの位置が、あれ?二番手??って場所でしたっけ。
いやー、ともちんってば、またまた黒いキャラで!
義眼を取り出してラインハルトに手渡して・・・って、
もらった方も困るって!ちょ、これ、どーすんだよ!って(^^ゞ

ラインハルトの部下たちとして若手男役が持ってかれた(?)関係で、
いけっちが今までと違って大人な役柄を演じてましたね。
戦争を利用して民衆を煽る政治家の役で、これが結構良くってね。
なかなかの儲け役だったんではないでしょうか。

きたさん演じるヤン・ウェンリーの養子ユリアンに、何故かうららちゃん。
これがビックリするくらい、娘役がやってるとは思えなかったのよ。
顔つきもしっかりしてるしね、背も娘役にしては高い方だしね、
普通に、元から男役でしたか?なんて思うほどの“少年”ぶりでした。

・・・とまぁ、こうして書いてきたけど、娘役さん語りがなかなか出ず(-_-;)
キャストはあるにはあるんだけどねぇ。ま、しょうがないか、この作品では。
ラインハルトの姉でたらちゃんがキャスティングされてて、
へぇ~!もうそんな役をやる学年なんだ!とビックリしたりとか、
2幕でヤンの副官やってたれーれ、あれ?1幕どこにいた?とか、
せーこちゃんが力強い役・・・と思ったらすぐ殺されちゃったとか、
えつさん黒い役なのか?と思ったらほぼ狂言回しだったとか・・・
(そーいや、相方・いっちーの衣装は『LUNA』のアレックスだったな)
断片的な感想で終わっちゃってすみませんm(__)m

1回しか観ないということで、あまり深い部分まで読み込めなかったのが、
若干、悔いの残るワケでありまして・・・
じゃあ観に行きゃいいじゃん、ってのは、まぁ置いといて(苦笑)
とにかく、新生・宙組の勢いが感じられる作品になってくれて、
まずまずの船出で良かったな、と思いました(*^_^*)

以上ですっ/(-_-)

|

« 歴史的名言を。 | トップページ | 高い買い物は難しいなぁ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 歴史的名言を。 | トップページ | 高い買い物は難しいなぁ。 »