« 気が付いたら、時間が無くなってました。 | トップページ | まだまだイケてるじゃないですかぁ。 »

それもまた幸せの形、と言えるか。

さ~てさてさて。
昨日観てきた雪組さんドラシテ公演の感想でございます\(^o^)/
「トンイ」見ながら書いてたら途中とっ散らかりそうになったけど、
何とかまとめたぞ(^^ゞ

では、恒例のハンパない長文ではございますが、
興味のある方は“続き”から、どうぞ(^^)/

 ↓

ミュージカル 『心中・恋の大和路 ~近松門左衛門「冥途の飛脚」より~

今回の作品、私にとっては2回目の観劇となります。
コウちゃん主演のは、初演から数えて再々演・・・いや再々々演とか?
それくらい何度も繰り返し上演され続けている名作なんですよね。
昔に書かれた脚本だと言うのに、古さを全く感じないのが凄いなぁ。
音楽もアップテンポでロック調だし、展開もスピーディーで見事です。

幕開き、暗いステージを右に左に走り抜ける飛脚たち。
中央に立つ人物に少しずつライトが当てられ、
次第に姿が浮かび上がってくる・・・と、そこに佇むのは亀屋忠兵衛。
出だしからの不穏な空気に加え、不安を煽り立てるような音楽で、
不幸へ突き進んでいく物語を最初っから象徴してますな。

それに、セットの使い方が上手いなぁ、とやはり今回も思って。
身請けされ大門をくぐって色街から外へ出て行く花魁を描いた後、
その大門の位置を、角度を変えただけで西の門になるのが秀逸で、
裏街道しか進んで行けない忠兵衛と梅川の二人を、
ここでもくっきりと浮かび上がらせて(沈んでく、か?)くれます。

壮ちゃん、少し猫背気味に立ってたのがいかにも町人風でしたなぁ。
でも、上手く言えないけど・・・浪花の商人と言うよりは、関西人(^^ゞ
やんわり、のんびり、ってんじゃなく、ワハハハハ!って感じなのよ。
なで肩なトコがえぇとこのボンボン風を出してて良かったわぁ。
そして、何と言っても“封印切”の場面ですよね。
狂ったように小判をバラまく姿、開き直りではなく虚しさが見えたよ。

あゆっちの遊女は、見た目から不幸体質な感じ出てるなぁ(^-^;
1幕では愛想尽かしをされて本気で死のうとするのとか、
2幕、忠兵衛に“請け出して”もらえて無邪気に喜ぶのとか、
とにかく一途に忠兵衛・壮ちゃんに添い遂げようという姿が可愛い♪

手代・与平役のかなと君、良く頑張ってたなぁ(* ̄ー ̄*)
けど、「かも」「かも」って歌ってて何のこと?って思ってたら、
かもん太夫のことだったのね。すまぬ。
あと、番頭・伊兵衛役のホタテくんがまた良くってねぇ。
ここんとこグッと芝居巧者ぶりを見せてくれて嬉しいぞ♪

そして、“新口村”の場面のゆうちゃんさんが泣かせるのよ(ToT)
養子に出した息子への思いやり、不孝をなじる親の憤りに加え、
傾城に走らせた女への怒りから許しへと変わる大きな愛・・・
もう、ここから涙がだ~だ~流れて止まらんのよ。
周囲からはすすり泣きも聞こえてくるしね、
以降、ハンカチ握りっぱなしですわ(´;ω;`)・・・

で、まっつの八右衛門がすっごく良くって、たまらん!
壮ちゃんと好対照なのよ。ちゃらい忠兵衛と、クールな八右衛門。
それに、単に友達思いって言うんじゃなく、真剣に心配してて、
でもそれを表に出さないところがねぇ、何だかまっつとダブるんだわ。
ラスト、雪山の中を死出の旅に向かう二人の姿にも泣けたけど、
まっつの全身使った大熱唱にも泣けたんだわぁ。
あのクールなまっつが、ここまで感情を露にして歌ってるよ!って。
・・・あれ?コウちゃんの時の八右衛門ってケロさんだったよね?
ケロさんは舞台の下手袖で歌ってたっけ?ラスト。
そもそも、手代役の人が上手で歌うのは印象に残ってるんだけど・・・
覚えてないだけかな~(^^ゞ

フィナーレは無し。カテコも出演者揃っての挨拶も無し。
白装束の二人が静々と礼をして、やがて見つめ合い、
そのまま後ろへ振り返って歩んでいく・・・
心中という形になってしまったのは不幸ではあるけれど、
誰にも邪魔されない二人だけの世界へ旅立ったのだと思えば、
これもまた幸せなのかな、と思わずにはいられないラストです。

以上~。

|

« 気が付いたら、時間が無くなってました。 | トップページ | まだまだイケてるじゃないですかぁ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 気が付いたら、時間が無くなってました。 | トップページ | まだまだイケてるじゃないですかぁ。 »