« たくさん食べてきてやったぜ~。 | トップページ | ちょっと!急に慌しくなってきたじゃないの! »

爽快に、あったかく、サヨナラ。 (←雪組・感想。)

うわー!スマステにタカラヅカ出たの?
「上半期ヒット」の既出順位に“宝塚100周年”の文字があるし!
何で今日に限って途中から見てたのよ私・・・うーわー(;д;)

何を見てたのかっつーと、WOWOWでやってたトニー賞(^^ゞ
そういや最近、“これぞミュージカル”って作品観てないなぁ。
ま、要はさかもっさんがそういうのやってなかったり、
タカラヅカでやる翻訳モノがブロードウェイじゃなかったり、
ってコトなんだと思うけどね(^^ゞ
主人公が朗々と歌い上げるのとか、アンサンブルだけのナンバーとか、
パワーがあってパンチの効いた作品を、そろそろ観てみたいもんだ。
さかもっさん、そろそろお話ありませんかね?

とりあえず、今はタカラヅカがあるから満足してる♪
だから、スマステでの見逃しが悔しいよぉ~。

・・・さて(笑)

先週観に行った雪組さんの感想を書いておきましょ。
とーっても良かったんで、もう1回行きたい気になってるのよね。
東京公演がんばってGetしよう。うん。
では、長文ネタバレ感想を“続き”にて。

 ↓

宝塚傾奇絵巻 『一夢庵風流記 前田慶次』

始まった・・・っと、いきなり芝居?立ち回り?
ひと通り(笑)やりあってから、「皆様・・・」のアナウンスが。
しかも、壮ちゃん慶次が見得を切りながら、ですよ。超かっけぇ!
バックでは映像が流れて・・・何か、新感線の舞台っぽいな~。
主役がセンターで名乗ってる間にテーマソング流すのって。

んで、ビックリしたのがお馬さんね。松風。うわぉ、走ってるし!
プログラム見てもキャスト載ってないんです。あれぇ?
よくよく探してみたら、スタッフさんのところに“馬協力”とあって。
はっ!そうか、「松竹が協力して」ってのは“馬ごと”借りてるんだ!
まぁ考えてみれば、お馬さん相当な動きしてましたからね、
あれは“素人”では無理ですわ。安心して乗ってられないもん。
ふと、宝塚100年の歴史の中で一瞬だけ存在したという、
男子部のことを思った・・・やっぱこういう役しか付かなかったのかなー、
などと違うことを考えたりなんかして。

私にとっては「名前は知ってるけどどんな人か知らない」慶次ですが(^^ゞ
今回の舞台を観た限りでは、昔観た『野風の笛』の主人公のような・・・?
壮ちゃん慶次は、今まで受けてきた壮ちゃんの印象そのまんま。
キリッとしたところものらりくらりと避けるところもすごい“らしく”て、
悩み苦しんだりすることや反骨精神など、それらを全て包み込み、
カラッと明るく笑い飛ばして去って行く・・・その潔さ、良い!

最後の作品でもあゆっちと幸せなラストを迎えられなかったのね~。
考えてみれば、最初の作品『若き日の唄は忘れじ』と境遇が似てる?
幼馴染で好き同士なのに結ばれない、みたいな・・・
あ、でも今回は言わば“不倫”なんですわ。結局別れが来るけど。

まっつ・・・最後は超~色悪な役なのね。衣装が蜘蛛の巣模様です。
顔にバッサリ傷があって、ブラックジャック再来?
しかし、最期があまりにもあっけなくって、哀しい(ρ_;)

みゆちゃんがとても動きが良くって・・・この子は舞台で化けるねぇ。
今回、娘役なのに立ち回りがあり、それが可愛いしキリッとしてるし。
雪組にも上手い具合に馴染んでるみたいで安心したよ。

専科から出演のはっちさん、よく見る太閤秀吉の絵にそっくり!
三河弁をしゃべるのは意外なようで、でも出身地そっちだよなぁ、
なんて思って面白かったですわ。
そして、ヒロさん。あーら、またまた企み系キャラですな。
しかしあの役って、割とどこの作品でもこういう出方するのね。
そういや新感線でも・・・っと、ここまでにしとこ。

グランド・レビュー 『My Dream TAKARAZUKA』

ちょっと・・・テーマ曲、歌詞がいきなりサヨナラ色にどっぷり浸かってるし!
宇崎竜童さん・阿木燿子さんが作ってくれた曲、歌詞が泣かせるのよ。
なもんで、サヨナラショーを先に見せてもらってるような気分(^^ゞ
でも、レビューと銘打ってるけれど、総じてダンスショー的な感じかなー。
パリの街角やニューヨークなどのスタイリッシュな場面が多かったんで、
全体的に“都会の香り”がしました。

一番の泣かせどころは、全員が白い衣装で踊る場面。
その時の歌詞がまた・・・うわー、これ、アカンやつや!って感じで(^^ゞ
壮ちゃんが感謝の気持ちを歌い、組子のみんなが声をかけていく。
その立ち去り方、見送り方が何ともあったかくってねぇ・・・泣けるのよ。
っつか、マジでこれ、まだサヨナラショーじゃないですよね?
と思えるくらい“じゃあね”感が漂っておりました。

フィナーレ、黒燕尾の男役さんたちが大階段にかたまっていて、
みんながさっとはけると、そこには何と!
壮ちゃんが大きく脚を開いて座ってるじゃないですか!
うおぉぉぉ・・・何だよこの色気はぁぁぁ(=´Д`=)
ヤバい、サヨナラ公演でマジ惚れするパターン!?
いやはや、壮ちゃんらしい登場の仕方だなぁ、と思ったよ。

エトワールが、まっつ!うわぁん!。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。
出来ればもう少し長くいてほしかったです・・・もっと観ていたかった。
まっつの“心のある歌声”を堪能できるのも、これが最後かぁ。
いやいや、それを言うとトップコンビもね、ラストなんですね。
泣きながらも笑顔でサヨナラが言える雰囲気になっていたのは、
やはり壮ちゃんの人柄から来るものなのかなー(* ̄ー ̄*)

以上でございます。
うーん、やっぱ東京公演観たいなー。

|

« たくさん食べてきてやったぜ~。 | トップページ | ちょっと!急に慌しくなってきたじゃないの! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« たくさん食べてきてやったぜ~。 | トップページ | ちょっと!急に慌しくなってきたじゃないの! »