« Vさん表紙のでっかい本買ったら紙袋に入れてくれた(。´・ω・)? | トップページ | 台風は一体いつどこに進んで行く気なの? »

シアターガイドのモノクロ写真ページ起用がとにかく嬉しい。

ワタクシ、シアターガイドは毎月買っておりまして。
ま、タカラヅカの連載ページがあるから、というのもありますが、
舞台情報を見るのが好きなんだよね、結局。

で、“劇顔”というページがありまして。
モノクロで顔のアップを撮っていて、ポーズも付いてなければ、
特段、表情を作ることもなく、かと言って無表情でもなく、
不思議と雰囲気が伝わってきて、視線から目が離せない・・・
役者そのものを伝えてくれる、そんなページだという認識。

何と!
今月のそのページに、坂本さんがいるではないの!

『君が人生の時』の、とある上演日の開演前、とのこと。
アイドル風の笑顔やキメまくりの顔はそこにはなくて、
「これが今の“坂本昌行”なんだな」と思える、モノクロ写真。
その顔を見ていたら・・・何だか、嬉しくなってきて。
また一つ、役者として認めてくれる場所が増えたんだな、
そんな風に思えてきて、何か感動しちゃったんだよね。

ステージギャラリーのページにも『君が人生の時』が載っていて、
坂本さんの“ジョー”に対して評価をしてくれていて。
ホントに・・・ただのファンなんだけどね、私。勝手に感謝ですわ。

もしかしたら、V6が今になっても各方面で取り上げてもらえて、
というのはメンバー個々がそれぞれの場所で認められて、
そういう人たちが集まってるからこその結果なのかな、
なんて思えてきます。

もっとも、演劇賞を取ろうとも映画賞を取ろうとも、
6人集まればわちゃわちゃしてて、権威も何もないけどね~。
ま、そういう“普通”なところが、好きなんですよ。

|

« Vさん表紙のでっかい本買ったら紙袋に入れてくれた(。´・ω・)? | トップページ | 台風は一体いつどこに進んで行く気なの? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Vさん表紙のでっかい本買ったら紙袋に入れてくれた(。´・ω・)? | トップページ | 台風は一体いつどこに進んで行く気なの? »