« あっという間の1時間半でした。 | トップページ | 今日は暑かった・・・よね? »

9ヶ月ぶりの大劇場!

毎日遊び歩いているみたいで恐縮ですが(;^ω^)
今日は地元、宝塚大劇場に行ってまいりました~!
はぁ・・・何だろ、一番近くにある劇場なのに、
梅芸、東宝、松竹座と、先に外箱行っちゃいまして、
ムラは9ヶ月ぶり!1月の雪組以来ですよ!
何とも、近くて遠かったですねぇ。

で、本日の演目は~、月組さん!
まずは日本物のショーから。チョンパですねっ。
いつも思うんだけど、あれ、真っ暗な中どうやって並ぶの?
2階席から観てるからか?銀橋なんか全然見えませんぞ。
ショー自体はオーソドックスないつもの展開でしたが、
よく知ってるクラシックを使ってたりしたので、
まぁ眠くはなりませんでした。って、そんな感想!?

ボレロの群舞シーンがめちゃくちゃ照明暗くて、
その中で銀色の扇子がキラキラしてたのが印象的。
初舞台生の口上は、現状を反映したものになってたのか、
雛鳥ちゃんたちよりるう組長さんの口上の方が長い(^^ゞ
あと、何となくですけど・・・日本物の化粧って難しいね!
おぼこい感じが出まくりで、初々しいことこの上なし。

この作品をもってご卒業される松本悠里さん。
いつも思うのですけど、舞踊の仕草が少女みたいで可愛くて!
千秋楽まで無事に舞台を務め上げられることをお祈りします。

変わって、お芝居。これはもう、元ネタ『十二夜』だからね!
面白いことは間違いないワケですよ、えぇ!
あのお話をどう翻案しているのか、という点に尽きます。
ま~、絶妙でしたね。パリのムーランルージュが舞台なんで、
制作者側の視点が入ったバックステージ物としても楽しめたし、
女性の権利が主張され始めた頃を時代背景にしていたのも良し。
そこに1人2役、だけじゃなく2人1役!?もあって、
どうやって早替わるの?え?兄妹ご対面って、お兄さん誰!?
なんて楽しみもあった、パワーあふれるコメディでしたよ~。

たまきちの“男装の麗人”ぶり、見るまでは心配でした(?)が、
変にしなを作るでもなく、無理に男っぽく振る舞うのでもなく、
役として、一生懸命な感じが伝わって、良かった!
途中ちょこっとだけ女性の姿で登場しましたが、何か・・・
スカピンのデカい洗濯女を思い出してしまった。すまん^_^;

さくらちゃんはあぁいうしっかりした女性像が似合うね。
かなと君の興行主、意外と誠実なヤツなんだなーって思えたよ。
ダンサーのあり君は、んー、今回ほぼダンス専科!?
お話の主軸にはあまり関わってなかったのが残念。
その分!?おだちんの間抜けな弁護士が笑いを呼びまくってて、
動きが怪しすぎて、気になって仕方ない(;^ω^)
ちなつさんの作家?と共に、後半かき回してたよねー。
あとは、ロートレック役のからんちゃんが面白すぎ!
酔っ払い演技とか、帽子をくるりんぱ!とか、いい味出してたよ。

と言う訳で・・・久しぶりの大劇場を楽しく過ごせたことに感謝!
劇場スタッフさんも大変でしょうけど、こっちも頑張らなきゃね。

| |

« あっという間の1時間半でした。 | トップページ | 今日は暑かった・・・よね? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あっという間の1時間半でした。 | トップページ | 今日は暑かった・・・よね? »