« ONE MAN STANDING(2日目夜) | トップページ | Ernest in Love »

2016年2月 7日 (日)

ONE MAN STANDING(3日目)

 ~Bunkamuraオーチャードホール 1階 6列 11番~

Masayuki Sakamoto Musical Concert 『ONE MAN STANDING』

帰ってまいりました。
さっさと荷解きを済ませて、現実に戻っております。

帰りの新幹線の車中で、今日の感想を書いてました。
金・土・日とその都度その日のうちに感想書きましたが、
どの日も「幸せだったなー」って言葉が出てました。
本当にそう思ったんです。

何て贅沢なコンサートだったんでしょう。
“坂本昌行”の過去から現在、
そして未来までのミュージカル人生を2時間に凝縮した、
宝箱のようなコンサートでした(*≧m≦*)

で、いつもなら後ろ髪引かれる思いで、
なかなか現実に戻れないところなんですが、
何とまぁ、早くも次回作が発表されちゃってるという。
私たちはそこへ向けてまたいろいろ頑張らないといけません。
とにかく、資金がね・・・あわわ・・・(@Д@;

坂本さん。まずは疲れを癒してくださいませ。
そして、貴方の見せてくれる舞台を心待ちにしております。
また私達と一緒に楽しみましょう!
3日間、素敵なステージを本当にありがとうございました(*´ェ`*)

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

3日目、そしてオーラス!わー、本当にもう終わっちゃったよぉ・・・何だか、あっと言う間だったなぁ。とにかく、この3日間観てきたステージには、坂本さんのミュージカル愛と言うか、ステージに立ち続けていたいという強い想いが溢れていたし、昔言ってた「死ぬ時は板(舞台)の上で」って気持ちは冗談じゃなく本気なんだろうなと思わせるステージになっていたと思います。ラストにステージ上方のロゴマークを見上げる姿が何とも・・・感慨深いというか、涙が出ましたね。

本日、客席降り無し。通路に近い席だったからちょっと残念だったなぁ・・・でも、まぁ、そもそもステージに近い席でしたからね、多くは望みますまい。客席には降りなかったけど、会場との掛け合いはあったな。何か問い掛けて、客席から声を上げると言う、ね。それで段取りは達成しちゃったのかなー、坂本さん的には。

MCで語った内容は・・・まずは、次回作のためにピアノを練習中とのこと。「ピアノされてる方はお分かりだと思いますけど、今、ハノンやってます」・・・ピアノ触った事無いから分かりません・・・「朝、起きて指を開く運動やって、足元に犬が構ってーってじゃれついてきて」何だその可愛い日常は。足元に来てるのを優しく払うような仕草してましたけど、想像すると・・・たまらんなぁ。それから、順番はもう忘れちゃったけど、小学校・中学校の時は音楽の授業が嫌で、当時からの友人に「お前、授業中一切口開けてなかったぞ」と指摘されたとのこと。そして、「自分の勝手で事務所辞めて、また自分の勝手で戻ってきて、そんな男がここでコンサートしてるって言う、ね」とも。

そういや、初日で「お前はSixteen、もうすぐSeventeen、言う事聞けよ!」だったのが、昨日の夜と今日は「言う事聞いて下さい森田君」に変わってたな。昨日の昼公演はどっちだったんでしょうね?それから、このメドレーパートのラストで「輝くミュージカル・スターに~♪・・・なれましたかね?」と歌い終わってから呟く柔らかいトーンが好きだったなぁ。んで、拍手もらって「あざとくてすみません」ってはにかむのも良し。

しかし、何であんなにかっこ良いのか・・・確実に八頭身だし手足長いし、ミュージカルになると胸張って堂々と立つし、身体能力高いし、ジャンプするのも重力まったく感じさせないし。カウント取る指鳴らしの何と自然なこと!歌に思い入れがグッと入ってきた時の手ぶりや、胸の前でぎゅっと両手を握って想いを溜めるような仕草もたまらないし、あーもうとにかくカッコ良過ぎるんだってば!歌える曲調&声色と踊れるダンスの種類の多さにも改めて驚くね。特に、黒燕尾でくるくるくるくるっとターンしながらステージに出て横切ってく姿が、V6で観る踊りとは明らかに違うクラシカルなものなので、色んなバリエーション持ってるんだなぁって思って。歌えて踊れて演じられてピアノ弾けるって、まるでタカラジェンヌ(笑)。

あと、坂本さんの好きなところは、アンサンブルの皆さんと距離が近いと言うか、すごく仲間意識を感じるとこかな。今回集まってくれたアンサンブルの皆さんって多分坂本さんより若いよね、ずっと。そういう皆さんの中で1人まつり上げられる訳じゃなく、一体感を見て取れるのがすごく良くって。その中でもちろん坂本さんの求心力ってのもいつも通り感じられたし、愛されてるなぁってホント思ったわ。カテコではみんなで一列に並んで、そこで坂本さんのコメントが「僕達はこれからも、お客様の笑顔を見るために舞台に立ち続ける」みたいな・・・「僕は」じゃなく「僕達は」って・・・何だろ、本当にこの3日間で私自身もミュージカルに、生の舞台に向ける熱が更に高まった気がするよ。まぁ、来週早速タカラヅカ観に行くんだけど(苦笑)。全員で1つの物を作り上げているその想いを感じながら観られる気がしているのです。このステージを観ることが出来て、本当に良かった・・・。

アンコールの「Baila Me」登場時のポップアップ、あれはアイドルとしてのスキル発動って感じだよね。そういや、2日目の席がちょい後ろだったからね、私、目が悪いんで眼鏡かけてもハッキリしない訳よ。そしたら・・・幻を見ました。あれぇ、何だかさかもっさんにヒゲが見える・・・パーマっぽい気も・・・って、ただ見えなくてボヤ~っとしてただけなんだけどなっ。幻でも幸せです(病んでる?)。

カーテンコールで坂本さんがこう言いました。「皆さん、今日はラッキーです。今日、すべてが上手く行きました!初日出ました!」・・・途中のMCで言ってたけど、前日の失敗が相当悔しかったらしく、「昨日は眠れませんでした」と言うくらいで。でも今日はラストだし、気合も入れ直したってのもあるんだろうね。昨日大きくミスした「Hope」も「One Song Glory」も凄く声が伸びて高音響かせてたし、歌い終わった後の達成感ある表情がとっても・・・素敵だったぁ(n*´ω`*n)

オーラスは、カーテン前に坂本さんが1人出てきて。その時に、「この場を借りて言いますけど、去年チャリティーミュージックソンをやった時に『V6のファンの皆さんはちゃんと並んでて礼儀正しいね』って言われたんです」と。あはは、何だかくすぐったいっつうか・・・。「ここでお礼を申し上げます。ありがとうございました」って、しっかりV6のリーダーに戻ってましたね(笑)。そんな真面目なトコもいいんだよなー。

これにて全日程おしまい。幸せな3日間でした・・・(*^_^*)

« ONE MAN STANDING(2日目夜) | トップページ | Ernest in Love »

ジャニーズ」カテゴリの記事

V6」カテゴリの記事