« るろうに剣心 | トップページ | こうもり …こうもり博士の愉快な復讐劇…/THE ENTERTAINER! »

2016年3月20日 (日)

激情/Apasionado!!III

 ~梅田芸術劇場 B席 3階 4列 27番~

ミュージカル・プレイ 『激情 -ホセとカルメン-』

まず、この作品をたまきち主演でやると聞いた時、
おっ?これはいい感じになるかも・・・って思ったんですよ。
と言うのも、ストーリー自体がカルメンを中心に回ってると感じてて、
初演の宙組作品を観た時に、何か違和感あったのよ。
つまり、ホセという役はカルメンに翻弄されるのだけど、
トップ男役がやる以上、カルメンより上位に見えてしまう訳で、
ホセとカルメンの関係性が方向違う気がしてたのです、当時。
だけど、この月組バージョンはヒロインがトップ娘役。
主演は次期トップとは言えども、今の時点では2番手。
なので、おっ?こりゃいいんじゃないの?って期待したのよね。

結果。読み通り!ポスターデザインからして良かったし、
プログラムの表紙にも妖艶な表情のちゃぴカルメンと、
何かを考え込むようなたまきちホセが一緒に写ってて、嬉しいぞ。
そして作品自体も、ホセが“ちゃんと”カルメンに翻弄されてて、
納得の行く展開となっていたのが良かったですわ。
カルメンに惹き込まれて流されるホセ・たまきちの弱さの表現は、
虚ろな目、荒んだ表情として出てましたね。あの目は良かった。
カルメン・ちゃぴもただの恋多き女というのじゃなくてね。
自由を愛するが故にというよりは、束縛を嫌う余りホセから離れた、
そんな反抗心が見て取れました。

で、初演時も今回も不思議なのが、メリメとガルシアを1人が演じること。
何か意味があるのかなぁ。それとも出番の多い少ない的な?
まぁ、カチャはどちらもかっこ良かったけどね!メリメは誠実な作りだし、
ガルシアは一転して突如荒々しい口調で話に馴染んでたし。
いつまでも下級生じゃないんだよな・・・って変にしみじみ感じちゃったよ。
一方のエスカミリオ・あり君はとにかく若々しくってさ!
もうちょい高慢さを出してみてもよかったのでは?と思いました。
あとは、わかばちゃんのミカエラが天使、いやマリア様かと思った☆

ファナティック・ショー 『Apasionado!!III』

今回の全ツを観たい!と思った一番の理由は、これ。
やっぱねぇ、このショー好きなんだよなー♪気分が上がりますわ。
プロローグ、来るぞ来るぞ・・・来たーっ!超でっかいマント!
それを両サイドから引っ張ると、出ましたね!あの赤金の衣装!
そう言えばこのショーはラテン系、前段のお芝居はスペイン、
いやぁどちらも熱いですなぁ。そりゃ汗だくにもなるわな、たまきちも。
とにかく、たまきち以下皆さんが熱いのなんのって。良いわぁ。
ラテンのショーって、観てるだけでも汗だくになるのよね。ふふふ。

そう言えば・・・って今回急に認識したことがあったんだけど。
ヴァレンチノの場面で語りやってる女性、ナターシャだったんだね。
あれぇ、前回宙組で観た時って『ヴァレンチノ』観る前だっけ?
何か急に「あぁ、あの!」って感じで、自分の中で一致したんだよな。
そう思いながら観てると、確かにね、独特の美意識で生きてる風だわ。

そして、このショーの目玉!男役さん達の“お花ちゃん”パレード!
何だろうね、何か凄いもの観た感が毎回拭えないんだけど(笑)
それと同時に、男役の皆さんが超楽しそうなのが良いんですわ。
最後に登場のネグロロサ(黒薔薇?)、今回誰かいたっけ?
と思ってたらいましたよ、まゆぽんが!濃いお姉さまですこと。
ロミジュリで最初に認識した時、専科?って勘違いしたっつう(ごめん)
その後、たまきちのミツバチと踊るのがカチャの白蘭ですよ。
カチャがねぇ、これまたお美しい!女役経験多いしね、違和感ないよ。
それで、若いたまきちを清楚な色気で誘うってのが、素敵です。

あとは、そうだなぁ、涙の祈りの場面に繋がる所がまた変わってて。
基本、命を落として涙の精が嘆いて、復活して・・・ってのは同じだけど、
今回はたまきちライオンとちゃぴシマウマの躍動的な場面でした。
まぁそれにしてもちゃぴのバネは素晴らしいよねぇ。重力感じませんよ。

こんな感じで、次期トップが決まっているたまきちの主演全国ツアー、
本人も必死で頑張ってます!汗だくです!って熱気が伝わりましたよ。
いやぁ、観に行けて良かったわぁ。

以上~。

« るろうに剣心 | トップページ | こうもり …こうもり博士の愉快な復讐劇…/THE ENTERTAINER! »

タカラヅカ」カテゴリの記事

月組」カテゴリの記事