« MURDER for Two(東京千秋楽) | トップページ | ローマの休日 »

2016年7月 9日 (土)

NOBUNAGA<信長>-下天の夢-/Forever LOVE!!

 ~宝塚大劇場 B席 2階 11列 5番~

ロック・ミュージカル 『NOBUNAGA<信長> -下天の夢-』

お芝居はですねぇ、諸々思ってたのと違うっつーか。
史実がどこまでなんだか、どの部分が創作なのか、
いや、もう、パラレルワールドですよね?って感じ。
まだ公演は続くし東京もあるから詳しくは書けないけど、
「えっと、この展開で本能寺の変くるの?」って観てて思ったもんな。
人員入れ替え無しで15年経ったとか9年後とか言われちゃうんで、
「あれ?今は本能寺の変の何年前やってるの?」ってなるの。
もひとつ言うと、「ラスト前にそんな展開なの?」ってなりまして・・・
うーん、時間軸が分かり辛かったなー。

まさお信長様は・・・ずっと“遠く”を見てるような印象があって、
誰かと何かを成すとかじゃなく、どっちかっつうと孤高の存在・・・?
独特の台詞回しと歌唱法が信長のアクの強さを醸し出していて、
とにかく終始ギラギラしてたなーって思うよ。
ちゃぴ帰蝶様は・・・衣装が凄かったね。無国籍なのよ。
そして、ひらっひらしたのを脱ぎ捨てたら・・・え?くノ一ですか?
立ち回りも迫力あって、カッコ良かったなー。
怪しいたまきちロルテスのビジュアルが、どストライク!
ちょいロン毛のパーマヘアにヒゲ・・・まるで誰かさんみたい(^-^;
カチャ光秀&みやるり秀吉の開演前アナウンス漫才(?)超楽しい♪
あーさ妻木のお姉サマ的な色気もなかなかに良し。
あとは・・・オルガンティノからんちゃんが結構ポジション高かったし、
コマちゃんの義昭がすんごいいい味出してたよ(v^ー゜)

あ、ところで、本日マイクトラブルありまして。
将軍さまが信長の文句を言ってる場面だったかな?
台詞に被るように「ボン!」と大きな音が鳴ったんで、
「花火打ち上げたの?信長を攻めてやる!って意気込み?」
って一瞬思ったんだけど、その後もしばらく続きまして。
幕間でお詫びアナウンス流れて、トラブルだったんだと気付いたけど、
それが無かったら演出だと思ったまま帰ってたよねー(;;;´Д`)

シャイニング・ショー 『Forever LOVE!!』

ショーはとにかくひたすらLOVEだらけ(*^-^)
パレードの衣装なんて、ハートマークいっぱいだもんな。
歌詞もLOVEの連呼。タイトルのとこは曲も覚えやすかったね。
ひさびさ、頭ん中でぐるぐる回りながら帰宅しましたわ。
しかし、プロローグのまさお君ソロの長いこと!フィナーレか?
洋風チョンパで幕が開いて、あれ?まさお君いないぞ?
と思ったら、みんながハケた後一人で登場して長~いの歌って。
それからだもんね、歌い継いでいくいつもの形式になるのは。

まさお君に絡む3人の美女たちが、かちゃ&みやるり&コマ。
かちゃとみやるりのは見たことあるなーって感じだったんだけど、
コマのはハーフパンツスタイルだったんですよ。見た目新鮮。
そういやこの場面でまさお君、かちゃにだけ言葉かけてたな。
芝居にちなんで、「この頭・・・きんかんみたいだ」とかって。
この公演が終わったら専科に異動するから、ですかね?

ちゃぴメインのダンス場面がまたありまして、カッコいいなと。
あの躍動感あふれる踊りっぷりはたまりませんな。

最後に歌うまさお君のソロ、歌詞がいかにもサヨナラしてて、
そこで「あぁこれで最後なんだよな~」ってジーンときましたが、
銀橋でお辞儀するのがタカニュで見た『VOICE』みたく大袈裟で、
最後までまさお君らしく、明るく去って行くんだなって思いましたね。
・・・できればラストデイ中継にも潜り込みたいぞ、と。

以上でございます。

« MURDER for Two(東京千秋楽) | トップページ | ローマの休日 »

タカラヅカ」カテゴリの記事

月組」カテゴリの記事