« グランドホテル/カルーセル輪舞曲 | トップページ | 戸惑いの惑星(東京) »

2017年1月 8日 (日)

オーム・シャンティ・オーム~恋する輪廻~

 ~東京国際フォーラム・ホールC S席 2階 11列 27番~

マサラ・ミュージカル 『オーム・シャンティ・オーム ~恋する輪廻~』

とりあえず、席が舞台全体を観られる“どセンター”でしてね、
2階席で前に1列しか無いし座席もずらしてあるし傾斜あるし、
で、視界を遮るものは何もないという・・・ありがとう友の会。
おかげでオペラグラスで観るのどうしようか迷っちゃったぜ。
何かさ、演者さんから見たらすっごい悪目立ちしそうなんで、
結果、ベニさんが正面見てない時にちょこちょこっと使用したよ。

最初は夢だけでっかい脇役俳優で、女優を助けようとして落命し、
2幕では生まれ変わって前世の記憶を取り戻すスター俳優。
まぁ、ベニさんの全てを知ってる訳ではないんですけども、
1幕のやたらマイペースで根拠のない自信を持ってるトコや、
“信じれば夢は叶う”“皆さんの支えでここまで来れた”
とスピーチで語る姿を観ていたら、現実とシンクロしてるようでね。
よくまぁここまで思い入れの出来る作品があったことよ、と感動。
って言うか、そのスピーチ場面で泣きそうになりましたからね、私。
プレお披露目でこれじゃあ、大劇場ではどうなることか(^-^;

あと、原作のインド映画、ボリウッドと言うの?が実にタカラヅカ的。
輪廻転生あり、亡霊ありのバックステージもので、暗いかと思いきや、
衣装もセットも照明もダンスもキラキラ、ギラギラ、とにかく派手!
細かいことは言いっこなしよ、というエンタメ精神に溢れてて、
ほんっとに楽しかった!気持ちがすごく、上がりましたわぁ。
そして帰り道は脳内で「お~む、しゃんてぃお~~~む♪」って、
繰り返し歌ってしまう中毒性あり!?マサラ・ミュージカル恐るべし。

ベニさんとあーちゃん、デュエット曲も気持ち良くハモってて、
まだまだ初々しさがありますけども、見た目の相性はバッチリ。
『キャッチ・ミー~』の時も思ったけど、あーちゃん結構大人っぽいね。
1幕のスター女優ぶりもハマってたし、2幕の素人娘も可愛かった♪
まこっちゃんは今回めっちゃ悪い役で、2幕では30年後というのが、
違和感無く老けてるとこも凄いし、何より歌の迫力が!凄みが!
・・・そろそろ良い人の役も観てみたい・・・けど次も敵キャラだわ。
あとは、そうだなぁ、せおっちが良いポジションだったなぁ。
主人公のそばにいる親友の役で、一緒に笑わせてくれたもんね。
ちぐさんもお母さん役ってことで、なかなか味のあるトコを見せてて、
他の役もやたら濃い人ばっかりであっさりした人は皆無(・∀・)
星組さんも熱い人だらけですな~。良し良し。

と言う訳で・・・遅まきながら、これからスカステのナウオン録画して、
裏話などを仕入れることにいたします(;;;´Д`)ゝ
以上でおしまい。

« グランドホテル/カルーセル輪舞曲 | トップページ | 戸惑いの惑星(東京) »

タカラヅカ」カテゴリの記事

星組」カテゴリの記事