« ベルリン、わが愛/Bouquet de TAKARAZUKA(10月) | トップページ | ひかりふる路/SUPER VOYAGER! »

2017年11月 4日 (土)

ベルリン、わが愛/Bouquet de TAKARAZUKA(11月)

 ~宝塚大劇場 A席 2階 4列 L3番~

ミュージカル 『ベルリン、わが愛』

はい、昨日また観て参りましたよ、星組さん。
昨日はイープラスの貸切公演でしてね、楽しかったですな(・∀・)

終演後のトップさんご挨拶、ベニさんがまた面白くてね~。
まぁ大体、定番のコメントってのを言って終わるのが通例でしょうが、
ベニさんの場合、合間にちょいちょい“らしさ”が見えるのがいい!
「千秋楽まで頑張ります」ってな言葉を出した後に、
「千秋楽、6日なんですが・・・もうすぐですね」って言ったり、
「今日初めて、という方もまたぜひ観て頂くようお願い申し上げます」
と言った後に、「お願いするのも変ですね、来て頂けると嬉しいです」
と言い直したり。そういうのが、こっちとしてはまた嬉しいんだよね。
やっぱ、ありきたりの言葉じゃないってのがいいじゃないですか。
これだから、貸切ってのは心惹かれるものがあるんだよな~。

貸切公演ってのはスポンサーさんの名前をどうにか入れ込んで、
芝居やらショーやらでたびたび連呼される訳ですが(^-^;
まぁ絶妙なタイミングでぶっ込んでくるね~、と感心しますな。
しかし、ショーではあるだろうなって楽しみにしてたけど、
まさか芝居でも言っちゃう!?いやぁ、笑ったね(ノ∀`)・゚・。
サイレント映画のベテラン俳優が発声練習する場面で、
みっきぃが「あ~あ~あ~、い~い~い~、プラス!」
って言った瞬間、劇場内は大爆笑だよね!楽しいわぁ。
ま、そもそも“イープラス”って言いやすそうだな。

『ベルリン、わが愛』の内容に話を移して。
中堅の男役さんが2人も今作で退団するんですけど、
そのお2人、しーらんとちひろさんがホントにいい味出してたなぁ。
しーらんはいつもクサいぐらいの男役感を顔に出してきますが、
今回も眉間にしわを寄せる感じの渋いおじさまっぷりが良くて。
ちひろさんは前半はレビュースターを堂々と演じていて素晴らしく、
ラストで車掌役として登場し、旅立ちを演出するのも良し。
お2人ともなかなかメインでは使ってもらえなかったけど、
でもこういうポジションの男役さんがいてこそ成立するのよ、
って思うと、いやぁ、退団は惜しいですよねぇ。

で、特にしーらんは“紅5”でめっちゃ楽しませてくれたのでね、
ホントに大きな存在だったのですよ。
“紅5”がいなければ私、星組ファンじゃなかったと思うし。
正直、タカラヅカを見始めた頃、星組はほとんど観てないのよ。
それが今や、1公演1回じゃ足りないって思ってるぐらいだから、
“紅5”の一員であるしーらんには、本当に感謝してます。

芝居の内容ではないんだけど・・・今回2階A席の左端で観まして、
何か音声がずっと籠ってる感じだったのよね。
いつもはB席でも結構真ん中寄りで観てるから、
へぇ~、大劇場の中でもこういう席あるんだねぇって思いましたわ。
あと、例の楽屋シーン。確かにベニさんの顔が見切れてた(´-д-`)
ま、ずっとじゃないからいいかな、あの程度なら・・・でも見たかった。
だってあの場面、ベニさんがすごく優しい表情見せてくれるんだもん。
あれ、いっちばん好きな場面になったな、今まで観た作品中でも。

タカラヅカレビュー90周年 『Bouquet de TAKARAZUKA』

貸切ならではの演出は、ショーで目いっぱい炸裂!?
元々、中詰め辺りの一連の場面が芝居仕立てなんで、
きっと入れ込んでくるんだろうな~って思ってたら、
まぁ、これでもか!ってくらいのイープラス連呼(;;;´Д`)
そして、「会員になります!」「私も!」「オレも!」って皆が言う中、
花道に立ってたまこっちゃんが「じゃあ僕も」と手を挙げると、
全員が「どうぞどうぞ」って・・・ネタかよ!`;:゙;`;・(゚ε゚ )
それを言われた瞬間のまこっちゃんのポツーン感が何とも・・・
あ、今回私の席からは背中しか見えず、
ものっすごく寂しそうに見えて、笑っちゃいましたわ。

前回観た時にちょっと不思議な感じがしたフィナーレの一場面。
群舞だけど、いわゆるメインって誰?って思いながら観てまして、
今回再び観て、あ、これ、退団者へのはなむけの意味もある?と。
大体こういう場面って誰かが1人真ん中で率いて、ってなるけどね。
あの瞬間だけは、退団する3人がメインなのかなって思えました。

続く「花夢幻」は、いやぁ何度観てもゾクゾクっとしますな。
あのテンポもいいんだよ・・・ボレロ調ってズシンとくるもん。
カチャのソロ歌唱に合わせて3組のデュエットダンスって、良い!
そんでまた、横が赤と白だから、トップコンビの黒が映える!
派手なリフトは無いけど(相変わらず?)魅力は十二分にあります。
これぞ、レビュー!って思うよね。原点に返る感じがしていいね。

そんな訳で、主題歌も覚えちゃいましたから、
いつものように脳内リピート。これ、歌いやすいわぁ。
また観たいけど、もう明日が千秋楽かぁ・・・
ってことですので、東京千秋楽のライビュは申込完了。当たれ!

以上でーす。

« ベルリン、わが愛/Bouquet de TAKARAZUKA(10月) | トップページ | ひかりふる路/SUPER VOYAGER! »

タカラヅカ」カテゴリの記事

星組」カテゴリの記事