« Thunderbolt Fantasy 東離劍遊記/Killer Rouge 星秀☆煌紅 | トップページ | Thunderbolt Fantasy 東離劍遊記/Killer Rouge 星秀☆煌紅(ライブ中継) »

2018年10月20日 (土)

白鷺の城/異人たちのルネサンス -ダ・ヴィンチが描いた記憶-

 ~宝塚大劇場 B席 2階 14列 92番~

宙組の日本物&ルネサンス観てきた♪
感想長いよ♪

のんびりしてたら10分前に「間もなく~」アナウンスが流れ、
おぉぉ~い!と焦る私。
そっか、貸切公演だったんだ・・・って、え?
私、普通にチケぴで買いましたけど??不思議~。

で、まずは『白鷺の城』。何かいつもの日本物と違った印象。
大野先生・作だからかな、結構シブいとこついてた感じだったな。
千年の時を超えた愛憎の物語、なんだけど時系列が「?」となりまして、
プロローグが江戸時代?その後は陰陽師と玉藻前の話になって、
それから葛の葉と保名のくだりがきて、吉備真備と妲己がきて、
と時代が遡っていく、と思ったら戦国時代になって、プロローグに戻る。
ラストは江戸時代の市中のお祭りで幕。不思議な時代巡りでした。

とにかく、ゆりかちゃんがキリッとした男前でかっこ良し。
まぁ、そもそもゆりかちゃんが日本物ってのは星組で見慣れてるから、
うんうん、これよこれ!って思えたのが良かったですね~。
キキちゃんも花組時代に和物ショーやってたけど、
今回みたいな甲冑の武者姿は記憶にないなぁ。堂々たる風格あり。
まどかちゃんの妖狐、観る前は「可愛らしい系だからどうかな?」
って思ってましたが、なかなかに美しくてこれまた良し。

お芝居『異人たちのルネサンス』は、人間模様が複雑で、
ラスト近くの戦闘(?)になると、一体誰が敵で味方か分からなくなり、
気付けばゆりかちゃん一人残して皆総倒れ状態(;^ω^)
その、倒れてる皆さんがほぼほぼ物語の中心人物なもんで、
ちょっと驚きました・・・が、場が変わるとキキちゃん復活。あれ?
思わず、さっき死んだんじゃなかったの!?とツッコミ入れましたが。

その中心人物の一人にりんきらが入ってたのが嬉しいね。
彼女、宙に組替えしてきてしばらくはあまりいい役来なかったけど、
『神々の土地』ですっごくいい役してから、変わった気がする。
その代わり、さやと君・りく君・そら君がその他大勢みたいな?
ずんちゃんが完全に抜け出した感じだよね。
愛ちゃんが専科入りを発表されたってことは、3番手決定でしょ。
まぁ、他組の状況から見れば遅いのかなって思いますがね。

その愛ちゃんだけど、今回も黒い役でしたねぇ。
いや、でもこれがほんっとにアクが強くて、存在感あり過ぎて、
そっかぁ、この人が他の組に出てこんなキャラやっちゃったら、
その組のみんなは相当頑張らないと、沈んじゃうかも!?
それだけに、逆に愛ちゃんが他組に出てる姿を早く観たい!
すっごい楽しみなので、是非とも早め多めの出演を願うぞ。

さてさて、公演終了後はお馴染みのトップご挨拶。
「今後とも、三井住友VISAカード様、並びに宝塚友の会を、
宜しくお願い致します。本日は本当にありがとうございました!」
わ~パチパチパチ・・・って、あれ?ゆりかちゃん忘れてる!?
通常は、「宝塚歌劇を」「宙組を」って入るはずなんだけど・・・
スポンサーさんだけ持ち上げちゃった(;;;´Д`)

こんな感じでした~。今日は2階の結構上の方から観ましたが、
こないだメガネ新調したから、よく見える♪嬉しい♪
さぁ、来週は星組さんのライビュだぞ~。

« Thunderbolt Fantasy 東離劍遊記/Killer Rouge 星秀☆煌紅 | トップページ | Thunderbolt Fantasy 東離劍遊記/Killer Rouge 星秀☆煌紅(ライブ中継) »

タカラヅカ」カテゴリの記事

宙組」カテゴリの記事